ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

HG ガンダムバルバトスルプス 1/144

HG ガンダムバルバトスルプス 1/144
HG ガンダムバルバトスルプス 1/144

ガンダムバルバトスルプスは「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場したモビルスーツです。

バルバトスの形態としては、「鉄血」の第2期の前半、最初からモビルアーマー(ハシュマル)戦までがこれでした。そこで三日月ともどもボロボロになり、後にバルバトスルプスレクスとして復活しました。


キットのお話に移ります。

安心ブランドの鉄血シリーズHGの例に漏れず、安い、美しい、よく動くと三拍子揃ったなかなかのキットです。

全体に曲線的ながら、機体各部は鋭角的な独特のスタイルをうまい具合に立体にしてあると思います。

HG ガンダムバルバトスルプス 1/144

HG ガンダムバルバトスルプス 1/144

パーツの色分けの良好さが特徴のひとつで、鉄華団のマーク入りの赤白の肩アーマーまでパーツ分割による色分けというのが素晴らしいです。

この部分は赤白別パーツなことにより立体感もあって、安価なHGシリーズとは思えないくらいです。

パーツ分割とホイルシールによってほぼ色分けは完全ですが、足の爪先のグレー、肩アーマーの細いラインの黄色は再現できていません。

また、元々の設定上の色がHGでのパーツ分割による色分け可能なレベルを超えているというところで、けっこう立体的なところへ貼るホイルシールが多く、ちょっと見栄えしないところもあります。

具体的にはサイドアーマーの青いところ、太もも裏側のパーツのグレー、ヒザの逆三角形のマークのメタリックグリーン、バックパックの一部のグレー、カカトの赤といった部位です。

私は今回はツインアイ部分以外はがんばって吹付け&筆塗り(&爪楊枝)で全塗装してみました。・・・が、赤を乗せるのはウンザリということで妥協してカカトだけは白いままにしちゃいました。こうして画像で見るとちょっと違和感ありますね。

シール色分けに無理がある立体的な部分は、塗装できない環境の人の場合、シール丸出し感になってしまうよりはそのままの色にしといた方が見栄えが良いと思いますよ。

部分塗装で補いたいという人にとっては、比較的塗り分けやすい部分が多いので楽だと思います。

HG ガンダムバルバトスルプス 1/144

付属品は武装のソードメイス、角度のついた両手のハンドパーツのみです。鉄血シリーズはキットの価格がかなり安くなっている分、付属品は欲しい人は別売りでどうぞというスタンスなようです。


MSオプションセット5

バルバトスルプスの場合は、追加で買うとすれば武器もそうですが、平手ハンドパーツが欲しくなるところですね。


キットとして総合的には、塗装も含めて楽しみたい人にとっては塗り分けがしやすく、塗装できない環境の人にとってもじゅうぶんな色分け、動かしてポージングを楽しみたい人にとっても満足のいく可動範囲と、特に欠点が見当たりません。

しいてあげれば前腕部に露出する合わせ目がやや目立つことと、付属品が少ないことくらいでしょうか。


Amazonリンク:
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトスルプス 1/144スケール 色分け済みプラモデル
ガンプラ HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ MSオプションセット5&鉄華団モビルワーカー 1/144スケール プラモデル

| ガンプラの写真 | 03:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

HG ガンダム・グシオンリベイクフルシティ

HG ガンダム・グシオンリベイクフルシティ 1/144
HG ガンダム・グシオンリベイクフルシティ 1/144

ガンダム・グシオンリベイクフルシティは「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場するモビルスーツです。

鹵獲したガンダムフレーム機のグシオンを改修したグシオンリベイクをオーバーホールする際にさらに手を加えられた機体です。デカいハサミに変形する、シザース可変型リアアーマーのインパクトが強烈です。


キットのお話に移ります。

フレーム自体はグシオンリベイクと同じ「ガンダムフレーム3」が使用されていますが、装甲パーツの形状がけっこう違いますから、ずいぶんイメージが変わりました。比較的曲線的なスタイルだったグシオンリベイクと違って、直線的でガッチリ感のあるスタイルになりました。

グシオンリベイクフルシティ

DSC_0005_20170727233942d1a.jpg

グシオンリベイクでも同様でしたが、元々の色設定が細かいため、成型色による色分けの限界を超えており、かなりの量のホイルシールがついています。

バックパックや腕、シザースの一部、頭部アンテナ先端、カメラアイ横の白、腕のグレー、シザースと隠し腕のラインやサイドアーマー一部のグレー、肩や足の甲の>>部分、カカトのクリーム色、照準モード頭部のアンテナのオレンジなど、かなりの部分をシールに頼っています。

大量のホイルシールは塗装できない環境の人にはありがたいものだと思います。よくもこれだけたくさんのシールをつけたものだと感心します。

ただし、ほとんどの部位において立体的なところへシールをかぶせる格好になりますので、シール感丸出しになるところは否めません。

私は今回は、成型色+部分塗装で組み立てました。

しかし塗装するにしてもひとつ厄介なところがあって、白を塗らなくてはいけないところが多いんです。白は非常に色が乗せにくいですから、私は白の部分をシルバーで塗っちゃいました。

他にも、設定通りの色分け再現は諦めた部分もたくさんあります。ある程度の見栄えのところで妥協しちゃいました。


鉄血シリーズHGキットを組んでいつも思うことですが、パーツ分割の巧みさと立体的な造形には本当に感心します。このキットもその例に漏れず、ゴツゴツしつつ複雑な装甲の折り重なる感じがよく出ていると思います。

DSC_0022_20170727235030511.jpg

DSC_0020.jpg

パーツの合わせ目は肩の部分と、バックパックの隠し腕を収納している部分、前腕に目立ちます。それ以外の部分は特に目立つところはありません。

可動範囲も安心と信頼の鉄血HGという感じで、ダイナミックなポージングを存分に楽しめるものになっていると思います。

大きなバックパックが腕に干渉しそうですが、バックパック自体がスイングするように動かせるようになっているのでその心配もありません。

ポージングした場合はちょっと自立させるのが大変なので、スタンドで飾るのがオススメですね。

ギミックとしてはバックパックから展開できる隠し腕が目玉ですね。もちろん武器を持たせることもできますし、隠し腕としてはじゅうぶんな可動がありますので、ある程度自由なポージングが楽しめます。

他、非常に小さくて地味ですがナックルガード(手の甲につける小手)や、頭部丸ごと差し替えによる照準モード再現があります。


写真に写っているもの以外の付属品としては、シザース可変型リアアーマーの接続パーツ(腰にマウントする場合と、手持ちシールドとして持たせる場合に使える共用パーツ)、手首に角度がついた予備握りハンドパーツ、照準モード用頭部パーツがついています。

付属する武装はハサミだけです。劇中で印象的だった隠し腕を使ったライフル4丁構えは別売りで揃えないと再現できませんし、けっこう印象的だったオノもついてません。

MSオプションセット3や、他キットからライフルを持ってこないとハサミ以外の武装は楽しめませんが、低価格キットなので贅沢は言えませんね。商売上手に乗っかって楽しむのも一興。


MSオプションセット3


さて、今キットの目玉とも言えるシザース可変型リアアーマー(大ハサミ)ですが、これが素晴らしいですね。

リアアーマーを取り外して、取っ手を展開させるとあの凶悪なハサミになり、ちゃんと取っ手と連動して刃がチョキチョキ動くようになっています。両手で持ちますから、保持の点でも全く問題がありません。

DSC_0017.jpg

劇中の凶悪さが存分に再現された、他のHGガンプラに例を見ない巨大武装です。個人的にはこのハサミのために組み立てたと言っても過言ではありません。


このHGグシオンリベイクフルシティは、ライフルやオノを別売り品を買って揃えなくてはいけない点、シールによる色分けがちょっと苦しい点こそありますが、それはキットの価格を考えれば仕方のないことで、総合的にはオススメ度の高いキットだと思います。


Amazonリンク:
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダム・グシオンリベイクフルシティ 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ MSオプションセット3&ギャラルホルンモビルワーカー 1/144スケール プラモデル

| ガンプラの写真 | 00:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

HGUC 203 MSZ-006 Zガンダム キリマンジャロの嵐

HGUC G.E.P. MSZ-006 Zガンダム
HGUC G.E.P. MSZ-006 Zガンダム(新HGUCゼータガンダム)

ゼータガンダムは「機動戦士Zガンダム」に登場するエゥーゴのエース機です。

エゥーゴから依頼を受けたAE社の「Z計画」は一時停滞しましたが、エゥーゴがティターンズから奪取したガンダムMk-IIのムーバブルフレームの分析により計画は進展し、Zガンダムは完成しました。グリプス戦役時の最高傑作機と言われています。

今回は吹き付けと筆塗りを併用して全塗装し、画像はキリマンジャロのイメージで作成してみました。


キットのお話に移ります。

これまで1/144のゼータガンダムは、旧版HGUC、RGとありましたが、それぞれにプロポーションが異なっていました。今回のGEP(GUNPLA EVOLUTION PROJECT)と銘打たれた新版HGUCもまた違ったスタイルです。

どちらかと言うとRG版のイメージに近いですが、各部位はスマートなものの組み上げてみると力強くガッシリとした印象になっていると思います。

比較的丸みを帯びたイメージだった旧版HGUCと比べると直線的でシャープな印象もあります。トータルすると旧版HGUCとRGの間くらいのイメージでしょうか。

001_201707172155162ec.jpg
002_20170717215432461.jpg

ちなみにこちらは旧版HGUC(左)とRG(右)です。

P1010240_20170717215533887.jpg

どのスタイルが良いということもなく、好みの問題でしょうが、今回のプロポーションはバランス良くまとめられていると思います。

設定画に近いのは旧版HGUCですが、今回の新HGUCは劇場版の新作画のゼータっぽいかな、そんな印象を受けました。個人的には好きなスタイルです。


色分けは非常に細かく再現されています。HGとしては最高レベルではないかと思います。手足や肩の小さな黄色い三角形部分や肩のスラスターノズルの一部は色分けシールによる再現になっています。

私はシールは使わず出来る限り塗装で頑張ってみましたが、三角形部分の一部は細かすぎて諦めちゃいました。

ほとんどの部分はシールを貼っても違和感なく仕上がると思いますが、肩ノズルだけはちょっと無理があるかなと思います。ここだけは貼ってしまうとちょっとかっこ悪いかなと思いました。

ウエイブライダーのフチの赤もシールになっています。ここは比較的塗装しやすい部分ではありますが、黒の上に赤を乗せるのは超大変です。

私の場合は、他の赤部分との色の違いが出てしまいましたが、色を乗せやすいメタリック塗料で塗ってお茶を濁しておきました。

いずれにせよ、かなり細かい部分までシールがついているので塗装できない人にとってはありがたい配慮だと思います。キットとしてのパーツ色分けは、HGとしてはこれ以上ないくらいだと思います。


可動範囲は、各関節はじゅうぶん動きます。

腕は180度ペタンとつくほど曲がります、ヒザも120度くらいですから、HGとしては最高レベルだと思います。ただ、ウエイブライダーに干渉して腕が後ろへ行きませんから、腕のポージングはちょっとやりにくいところがあります。

ハイパーメガランチャーのフォアグリップを出しての両手構えも一応できますけど、けっこう苦労します。

その他、腕部グレネードのフタの開閉ギミック、バックパックの可動式バーニアの可動や、ウエイブライダーの羽根の展開ギミックも搭載されています。

足首があんまり動きませんが、接地性はそう悪くないです。接地性という面では、構造よりも大きなウエイブライダーを背負って後が重いことによるバランスの方がどっちかってと問題です。

機体イメージからしても、スタンドで飾る方がベターかなと感じました。


さて、組み立てる過程で感じたのはその精密感です。

シャープでスマートなゼータガンダムのイメージを非常にバランス良く立体化してあるのですが、各部位の立体感と精密感がHGとして最高レベルだと思います。素晴らしい。この装甲の折り重なるような立体感は圧巻です。

003_20170717220851544.jpg

ハンドパーツは握り状態が両手各ひとつずつと、平手パーツなどはついてません。

握り状態は引き金を引いた形ではなくグーの形で、ライフルもそこへ差し込むことができるようになっているタイプです。個人的にはいちいち組み直さないで良いので好きですけど。

主人公機なので平手のポージングも楽しみたいところですが、そういう場合は市販のハンドパーツで補う感じですね。

付属品はシールド、ビームサーベル、ビームライフル、ハイパーメガランチャーの各武装となっています。そしてウエイブライダー形態で使用するランディングギアがついています。

004_2017071722163152b.jpg

さて、ゼータと言えばエゥーゴの代表的可変機で、劇中でもしょっちゅう変形していますが、もちろんこのキットも変形に対応しています。

HGキットではお約束の差し替え変形ですが、その分各形態での頑丈さとスタイルの良好さを優先したもので、正しい選択だと思います。

ちなみに私は変形させる気はないので、変形用パーツはランナーから切り取ってすらいませんが、説明書の写真によるとこんな感じになるみたいですよ。

setsumeisho.jpg

総合的に見て、旧版HGUCから14年の歳月を経ているだけあって、超パワーアップしたHGUCゼータガンダムと言える素晴らしいキットだと思います。

精密でシャープな外観のカッコ良さは、ぜひ組み立てて立体物として手にとって体験してもらいたいです。組み立て過程でその精密感はヒシヒシ感じますから、組み立て作業もとても楽しかったです。

しかし1/144のゼータガンダムとしてはRGがあり、値段もそんなに変わらないと来ていますから、実はRGさえあれば・・・という面もなきにしもあらず。いや、それを言っちゃおしまいですね。

それはさておき、全グレードを対象にガンプラの進化を目指すというコンセプトのGUNPLA EVOLUTION PROJECT、これが言葉だけではなく確かに進化していると感じさせる傑作キットであることは間違いありませんでした。


Amazonリンク:
HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT- 機動戦士Zガンダム ゼータガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

| ガンプラの写真 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT