ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

HGUC RMS-154 バーザム (メタリック)

HGUC RMS-154 バーザム (メタリック)
HGUC RMS-154 バーザム

バーザムは「機動戦士Zガンダム」に登場する、ティターンズの量産型モビルスーツです。

長引くグリプス戦役の中、量産機の旧式化という問題を解決すべく開発され、ジムIIに代わって主力機として配備されました。

しかしながら劇中ではそんなに目立つ存在ではなく、量産機としてはマラサイやハイザックの方が最後の方まで活躍していたような気がします。

なかなかキット化されなかったのですが、2017年になってようやく、HGUCの第204弾として登場しました。


キットのお話に移ります。

イージーペインター(ソフト99スペアキャップ)を使って全塗装しました。メタリックで塗ってみたのですが、思ったよりイイ感じになったと思います。

メタリック塗料をそのまま吹きつけただけです。今回はタミヤアクリルのメタリックブルーを使ってみました。メタリック塗料については後でまた。

HGUC RMS-154 バーザム

HGUC RMS-154 バーザム

新しいキットだけあって、よく出来ていると思います。問題点が見当たらないといったところです。

目立つ合わせ目は皆無で、ほとんどのパーツの合わせ目は露出することなく、あるいはパネルラインとして処理されています。ただし、前腕部だけは合わせ目が露出しています。


手足の関節もよく曲がるので、かなりダイナミックなポージングを楽しめるようになっています。

組み立てていてちょっと感心したのは、前腕部がちょっと曲がるようになっているんですね。肘と手首の間にもうひとつ隠し関節があるような感じです。

ちなみに腰は鉄血のオルフェンズシリーズみたいにシリンダーが露出した独特の形状をしています。左右に回りますが、後ろのアーマーに干渉して思い切り腰をひねるポーズは難しいです。


パーツ分割による色分け再現はかなり頑張っていて、HG最高レベルです。

形状について何かと物議をかもす股間パーツもなんと三色のパーツを組み合わせての色分けを実現していますし、何の塗装を施さなくても見栄えするレベルになっています。

色分けシールはライフルのスコープ用、脚部の赤三角部用、バルカンポッドの赤い部分用くらいです。

ちなみにスネと肩のスラスター内部の赤は色再現されておらずシールもついていません。

DSC_0012.jpg

DSC_0013_20171126180018a34.jpg

DSC_0010_20171126180021b18.jpg

細かいところですが感心したのはモノアイのクリアパーツです。けっこう厚みがあるというか、むしろ棒状というか、ペラペラのパーツではありませんから、しっかり赤く見えて良いでう。

薄いモノアイパーツだとどうしても暗く、ほとんど色が見えない状態になりがちですが、このバーザムのモノアイパーツはなかなか存在感があります。


付属武装はビームサーベル×2、独特な形状のビームライフルとなっています。ハンドパーツは両手のグーパー、計4つが付属します。

ビームサーベルは腕部装甲の裏側にマウントするグリップと、手に持たせる用の刃がつけられるものがそれぞれ2本ずつ付属します。


さて、今回は写真をご覧の通りメタリックブルーで塗ってみたんですが、メタリック塗料についてのお話もちょっと。

メタリック塗料を直接塗る格好のメタリック塗装は、シルバーとクリア塗料の重ね塗りによりメタリック表現のようなキラキラテカテカ感には到底及びませんが、簡単な割にはけっこういい感じになると思います。

クレオス水性ホビーカラーのメタリック塗料もなかなか良いのですが、今回はあえて使ったことのなかったタミヤアクリルのメタリックブルーを使ってみました。

クレオスのメタリックブルーに比べると粒子が細かくて、その分落ち着いた仕上がりになりました。

クレオスのブルーやグリーンはけっこう粗いので、癖のある仕上がりになると思います。粗い分粒子の流れが出やすいので、筆塗りだとちょっと厳しいくらいです。

ちなみにレッドはよく使いますが、粒子は細かく、色味は明るめの赤ではなくて渋めで独特です。

この辺は本当に、それぞれ使ってみないと見えてこない部分なんです。

(クレオス水性ホビーカラー、メタリックレッドで塗装)
DSC_0019_20171126181417749.jpg

ちなみにメタリック塗料として非常に優秀だと思うのが、ガンダムマーカーのゴールドです。非常に粒子が細かく、非常にキレイな仕上がりになります。ビンに詰めて売ってほしいくらいです。

今回のバーザムにも、黄色部分をガンダムマーカーのゴールドを筆で塗りました。


Amazonリンク:
HGUC 機動戦士Zガンダム バーザム 1/144スケール 色分け済みプラモデル
スポンサーサイト

| ガンプラの写真 | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

イージーペインターのまとめ

いくつか、ガイアノーツ イージーペインターに関する記事を投稿してきましたので、まとめてみようと思います。(イージーペインターは、安価に吹き付け塗装ができる製品です。)

P1011796.jpg

まずは、過去記事へのリンクです。

イージーペインターのレビュー
製品についてに説明についての記事です。

イージーペインターの基本的活用法
具体的な活用方法、適した使用シーンなどについての記事です。

イージーペインター使用の際のちょっとした工夫
簡単で便利な使い方など。

HGUC 百式 お手軽スピード全塗装の巻
塗装から組み上げまで一日で完了、具体的な作例。

上の過去記事でも触れていますが、イージーペインター一式とほぼ同様のセットをより安価に揃えることができます。

ソフト99(SOFT99) スペアキャップ エアータッチ専用スペアキャップ 09036という製品は、イージーペインターの吹付け部と同じものです。

そして高価なイージーペインターの純正缶スプレーは市販のエアダスターで代用できます。さらに塗料タンクも純正品は必要なく、
何かしらのカップ状容器なら何でも使えます。

要は、吸い上げノズルの下に容器を固定すれば良いだけの話です。


また、イージーペインター(ソフト99スペアキャップ)は、色を塗ることについてのみ便利なわけではなく、成型色活かしの無塗装組み立ての場合にも役立ちます。

いわゆるトップコート、クリアー塗料の吹付けにも当然使えます。

成型色組み立て+つや消し仕上げという組み方をする人も多いと思うのですが、ビン入りつや消しクリアーを使えるわけですから、大幅にコストダウンできます。


ちなみに、ガンダムマーカーエアブラシシステムという製品が発表されています。

これはこれで興味深い製品ですが、色の調合ができないこと、クリア塗料が使えないこと、その点においてはちょっと厳しいというか、使うメリットが少ないかなと感じます。

| ガンプラの写真 | 11:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

HG UCHG他 掲載キットの一覧

HG UCHG(U.C.Hard Graph)他のブログ掲載キットの一覧とプチレビューです。プチレビューのキット名クリックで該当記事にジャンプできます。

 = ジャンプ => 旧キットEXモデル旧HG(08小隊版)ジ・オリジン版HG鉄血のオルフェンズ版HGサンダーボルト版HGHG UCHG他RG

掲載キット
陸戦型ガンダム地上戦セット/ザク地上戦セット/ガンダムVer.G30th/HGMヴァル・ヴァロ

HG UCHG陸戦型ガンダム地上戦セット
★★★★★
HGUC陸戦型ガンダムのキット一式に、ホバートラック、ジム頭、HG陸戦ジム用ハンドパーツ、レールキャノン、連邦軍兵士フィギュアが追加されたセットです。ガンダム以外、つまり追加パーツ全ては2セットずつ入っています。

ホバートラックは7センチ弱の小さなものですが、超絶ハイディティールで驚くほどよく出来ています。箱を開けてビックリする人も多いのでは?HG陸戦ジムのバージョンアップパーツのジム頭は、ゴーグルがクリアパーツになっています。陸ガンにつけてカレン機のジム頭ガンダムの再現もできます。

価格が手頃なのも嬉しいポイントです。HGUC陸戦型ガンダムのキットを既に持っている人でも08小隊再現といった楽しみ方ができますから損はないですし、陸戦型ガンダムを持っていなくてこれから買いたいという人は絶対このセットを買った方がオトクです。

groundwarset.jpg PICT0046_201402070316249c1.jpg

HG UCHGザク地上戦セット
★★★★☆
セット内容は、HGUCザクII(+追加平手パーツ×2)、追加武装(シュツルムファウスト×2、クラッカー×2)、ワッパ×2、連邦一般兵フィギュア2種×2、ジオン一般兵フィギュア×2、61式戦車×2、ザクバズーカ弾×2、エフェクトパーツ(バズーカの発射煙、61式戦車の爆発炎、61式戦車の破損キャタピラ)、大量のデカール、となっています。

61式戦車は、ミニカーサイズながら作った人の執念を感じるような超絶ハイディティールになっています。箱を開けてパーツを見てビックリしました。ものすごい充実っぷりですが、非常にマニアックなセットです。

PICT0002_201402232249586d6.jpg type61.jpg

HGガンダムVer.G30th
★★★★★
HGUCのガンダムに対して、同じ1/144スケールでもかなり高額のキットですから、細部まで本当によく出来ています。組みやすさ、合わせ目への配慮、関節部や全身のモールドのハイディティールさ、可動範囲など、素晴らしいキットです。武装はビームライフル、ハイパーバズーカはもちろん、金属鎖付きのガンダムハンマーまでついています。

難点は、ビームライフルのフォアグリップが太く、両手持ちが出来ない事と、シールドが腕に取り付ける事はできても手持ちで正面に構える事ができない事で、劇中のポーズの再現ができない場合がある事です。

PICT0003_20140104004308886.jpg vlcsnap-2014-01-07-17h35m22s66.jpg

HGM 1/550 MA-06 ヴァル・ヴァロ
★★★★☆
組み立てて手にとってみると、写真でみるより数段カッコよく感じるキットです。しっかり造形されています。成型色が安っぽいところが素組み派の人には苦しいところです。

(写真では塗装してあります。)
DSC_0005_20170325122145547.jpg valwalo.jpg

 = ジャンプ => 旧キットEXモデル旧HG(08小隊版)ジ・オリジン版HG鉄血のオルフェンズ版HGサンダーボルト版HGHG UCHG他RG

| ガンプラの写真 | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

サンダーボルト版HG 掲載キットの一覧

サンダーボルト版HGのブログ掲載キットの一覧とプチレビューです。プチレビューのキット名クリックで該当記事にジャンプできます。

 = ジャンプ => 旧キットEXモデル旧HG(08小隊版)ジ・オリジン版HG鉄血のオルフェンズ版HGサンダーボルト版HGHG UCHG他RG

HGフルアーマーガンダム サンダーボルトVer.
★★★★★
ゴツゴツした無骨なデザインで、スマートさとは真逆のアプローチでデザインされたフルアーマーガンダムです。細部に渡って執拗とも思えるほど凝ったディティールは素晴らしいです。合わせ目が目立たずそのままでもハイレベルな色分け再現と、非常に組みやすいキットでもあります。

ゴッツい武器の保持にも問題はなく、巨大バックパックにもかかわらず自立させて飾るにも問題のないバランスを再現しています。しかもディスプレイスタンド付きです。

それといった欠点のない傑作キットになっていますので、この独特のデザインさえ受け付ける人になら自信を持ってオススメできます。

PICT0005_20140309224059d54.jpg gundamtb.jpg

HGジム サンダーボルトVer.
★★★★★
スラっとしたジムというより、どちらかと言うとゴッツいプロポーションのジムになっています。関節部の保護シーリングや網状のエアインテークなど、ちょっと個性的なディティールも実にカッコよく再現されています。シールドは2枚つきである程度自由な位置に保持できるアームでマウントできます。通常のジムのように腕に取り付ける事もできます。可動も標準以上で、接地性も良いです。

細かいマーキングシールが大量に入っており、全部貼るとかなりリアルな感じに仕上がります。難点を強いてあげれば、腕の合わせ目の配慮がない事です。他の部分に目立つ合わせ目はほとんどないのに、なぜ腕だけ?という感じです。

PICT0002_2013123100234654as_20140104012141a36.jpg 名称未設定 1

1/144ボール サンダーボルトVer.
★★★☆☆
マンガの「機動戦士ガンダムサンダーボルト」の3巻限定版のオマケキットです。パーツ数は30程度のシンプルなキットですが、なかなか精巧で渋い造形です。大量の色分けホイルシールがついていますから、ただ組み立ててシールを貼るだけでもカッコいいですね。

PICT0001_20140228222024a65.jpg ball01.jpg

HG量産型ザク サンダーボルトVer.
★★★★★
ザクのキットもF2ザク以来格段にバージョンアップしましたが、このキットも素晴らしいキットです。組みやすく合わせ目の目立たないパーツ分割や豊富な色分けシールやマーキングシールで誰が組み立ててもカッコいいザクになります。

F2ザクのような小顔でスラっとしたカッコ良さとは違って、いかにも量産型ザクという手足の太いガッチリ型のザクです。

PICT0002_2014030422061628f.jpg 001_2014030422063223f.jpg

HG量産型ザク+ビッグガン サンダーボルトVer.
★★★★★
量産型ザク・サンダーボルトVer.に長距離ビーム砲のビッグガンがセットになったキットです。ビッグガンは超大型で、脚も含めると全長約30センチ、高さは14~15センチほどあります。ビッグガンの脚とフォアグリップの可動により、ザクの持たせやすいように配慮されています。

大量の色分けシールとパーツ分割による色分け、さらにマーキングシールの充実で、誰が組み立ててもカッコいいザク+ビッグガンが出来上がるようになっています。

PICT0002_20140428054548d97.jpg 001_20140428054602352.jpg

HGザクI (旧ザク) サンダーボルトVer.
★★★★★
完全新規造形の旧ザクで、ゴツゴツとした独特なフォルムですが見事なパーツ分割で非常に立体的な造形の素晴らしいキットです。2種類のバズーカ、マシンガン、ヒートホーク、ついでにクラッカーまでついているという豊富な武装や、伸ばした状態も差し替えで再現できるサブアームなど、楽しい要素もあってオススメできるキットです。

003_20140627191030afe.jpg 001_20140627191030121.jpg

HG 1/144 MS-06R 高機動型ザク サンダーボルトVer.[サイコザク]
★★★★★
凄まじいほどのハイディティールさと、超巨大タンク兼武装ラックつきのバックパックのど迫力の、文句のつけようのない傑作キットです。

渋いアズキ色の成型色と、バーニアパーツの金色の成型色が目を引きます。バズーカ5本、マシンガン1本、シュツルムファウスト4本、ヒートホーク1本と超豊富な武装は、手持ち、サブアーム、バックのタンクの武器ラックを総動員すればすべてマウントでき、その状態のド迫力といったら!

psychozaku.jpg psycozaku.jpg

 = ジャンプ => 旧キットEXモデル旧HG(08小隊版)ジ・オリジン版HG鉄血のオルフェンズ版HGサンダーボルト版HGHG UCHG他RG

| ガンプラの写真 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

鉄血のオルフェンズ版HG 掲載キットの一覧

鉄血のオルフェンズ版HGのブログ掲載キットの一覧とプチレビューです。プチレビューのキット名クリックで該当記事にジャンプできます。

 = ジャンプ => 旧キットEXモデル旧HG(08小隊版)ジ・オリジン版HG鉄血のオルフェンズ版HGサンダーボルト版HGHG UCHG他RG
 
掲載キット
ガンダムバルバトス/バルバトス第六形態/バルバトスルプス/グレイズ改/グレイズ改弐(流星号)/ガンダムフラウロス(流星号)/ガンダムグシオンリベイク/グシオンリベイクフルシティ/獅電/ゲイレール

HG ガンダムバルバトス(鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
独特のプロポーションを可動範囲を犠牲にせずに再現している傑作キットだと思います。第1形態再現のためのガントレット(小手)つきの左腕は、パーツが丸々腕1本文余分についているという親切さです。

001_20151128193359f8b.jpg 000_201511281933598e9.jpg

HG バルバトス第6形態(鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
バルバトスに追加装甲パーツやブースター、レンチメイスなどのパーツが追加された豪華なキットです。バルバトスを持っている人でも組み立てる価値ありだと思います。

※写真は塗装してあります。
P1011861_2016032122001502f.jpg 名称未設定 1のコピー

HG バルバトスルプス(鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
安価な分、武装はソードメイスのみ、爪付きのハンドパーツも付属しませんが、可動範囲、造形、色分けなどキットの出来としては優秀で欠点の非常に少ない良キットです。

※写真は塗装してあります。
DSC_0021_20170801035309c94.jpg lupus.jpg

HG グレイズ改(鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
非常に立体的にキット化されています。成型色の緑色も渋く、敵方の量産機の鹵獲機という雰囲気がよく出ていますね。目立つ合わせ目もなく、色分け良好、可動範囲も広く、それといった欠点が見当たりません。

P1011778_20151227233625af7.jpg graze.jpg

HG 流星号 [グレイズ改弐](鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
グレイズ改のキットに、流星号用の改修パーツ(肩部、リアスカート、頭部、ショートライフル、追加シール)がついたキットです。若干深みのある赤い成型色もカッコ良く、組みやすく立体的な造形の好キットです。印象的なノーズアート部分はモールドが刻まれていませんので、塗装で再現するのは至難だと思います。素直にシールを使うのが無難です。

(写真ではメタリックレッドに塗ってあります。)
grazecustomii_20160221180544f9a.jpg 000_20160221145412cc7.jpg

HG ガンダムフラウロス[流星号](鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
立体的で精密かつダイナミックな造形が素晴らしいキットです。塗装しやすく、塗装しない人でも成型色のままでそれなりに見栄えするという面も特徴の、よくできたキットです。

(写真ではメタリックレッドに塗ってあります。)
DSC_0019_201704171950307d4.jpg FLAUROS.jpg

HG ガンダムグシオンリベイク(鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
通常状態と照準モードを再現する2つの頭部パーツや隠し腕ギミックなど、豪華なキット内容になっています。可動範囲を犠牲にせずにプロポーションと派手さを再現できている傑作キットです。ただし、元々の機体の色分け設定が細かすぎてキットではシールで再現という部分が多くなっています。

写真では、別売りの滑空砲とアックスを持たせてあります。
P1011842_20160305015412393.jpg gr02_20160305015408e5c.jpg

HG グシオンリベイクフルシティ(鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
バックパックから展開する隠し腕やシザース可変型リアアーマーといった楽しいギミックが素晴らしいです。造形も素晴らしいと思います。

難点は立体的な部分にかぶせる格好になるところの多い色分けシールで、ちょっと無理がありますが、低価格なHGではこれ以上のパーツ色分けは難しいところだと思います。

DSC_0017_20170728002025df1.jpg gusionrebakefullcity.jpg

HGイオフレーム獅電(鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
テイワズ製量産機の獅電です。色分け再現、パーツ分割ともに隙のない出来ばえの好キットです。

DSC_0093_2017012816174061d.jpg shiden00_20170128161733407.jpg

HGイゲイレール(鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
渋い成型色ですから、塗装できない人でも見栄えする仕上がりになると思います。武器の造形も良いです。

DSC_0029_20170827025940d1e.jpg 001_20170827025937d82.jpg

 = ジャンプ => 旧キットEXモデル旧HG(08小隊版)ジ・オリジン版HG鉄血のオルフェンズ版HGサンダーボルト版HGHG UCHG他RG

| ガンプラの写真 | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。