ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HGUC 1/144 RGC-83 ジム・キャノンII (アルビオン隊)

「HGUC 1/144 RGC-83 ジム・キャノンII」「HGUC 1/144 RX-78GP01 ガンダムGP01 ゼフィランサス」「HGUC 1/144 RGM-79N ジムカスタム」の3キットを用いたデジラマ風合成写真です。

HGUC 1/144 RGC-83 ジム・キャノンII (アルビオン隊)デジラマ風
HGUC 1/144 RGC-83 ジム・キャノンII
HGUC 1/144 RX-78GP01 ガンダムGP01 ゼフィランサス
HGUC 1/144 RGM-79N ジムカスタム

今回ジムキャノンIIを組み立てて、アルビオン地上部隊が揃ったので合成写真を作成してみました。

ジムキャノンIIはジムバリエーションですが、開発コンセプトとしてはガンキャノンの後継機という事らしいです。「0083」の作品中でもかなり露出の多いモビルスーツですね。


HGUCジムキャノンIIのキットのお話に移ります。

作中のごっついイメージ通りに立体化されています。HGUCの通し番号で125ですから比較的新しいキットです。という事で、デキの良さは期待を裏切らないものになっていますね。

チョバム・アーマーはアレックスのものとは違って取り外しはできませんが、作中でも常につけっぱなしですし、キットの値段を押さえるという意味でも一体化は納得です。

成型色はAmazonの写真では白とグレーというイメージだったのですが、実際は薄水色(ジムカスタムとほとんど同じ色です。)と深緑ですね。

パーツの色分けは、元々それほど色数の多い機体ではないので概ねそのまま組み立ててもいい感じになると思います。

腰のVマークはシールで再現になっているのですが、ホイルシールではなくマーキングシールを貼るようになっています。Vマーク周辺まで覆って貼る四角いシールです。

肩やスネのスラスターはさすがにパーツ分けしていないので、黒と赤に塗ってあげるとちょっといい感じのアクセントになって自己満足に浸れます。マーカーとペンで対応できると思います。

パーツの合わせ目が目立つ部分は肩アーマーと頭部とキャノン砲の砲身です。他の部分はともかく、キャノン砲はジムキャノンがジムキャノンたるゆえんという箇所なのでちょっと気になって処理しておきました。

新し目のキットだけあってなかなかよく動きます。脚はソコソコですが、腕はほとんど180度に近いくらい曲がります。盾を逆に取り付けて、肘をグっと曲げるとシールドを正面やや高い位置に構える事ができて良いです。(写真の構え方です。)

他キットとの共用ランナーが多いせいか、余るパーツがたくさんあります。いずれ使う事があるかもしれないアンテナやバーニアも余るっていうのは隠れたお得要素?

ユニークなのは、ハンドパーツがたくさんついているのですが、Cランナーのプレートに穴が開いていて、そこに取り付けて無くさないようようにしておくことができます。

マーキングシールは、通常の連邦軍のものに加えてトリントン基地のもの、アルビオン隊のものがついているのが嬉しいですね。枚数も余分についているので、他キットにも使えそうですね。


総合的にみて、低価格でもしっかりとツボを抑えてある良キットですね。コレクション性というのもHGUCの魅力ですから、ゼフィランサス、フルバーニアン、ジムカスタムなどと併せて揃えるのも楽しいと思います。

Amazonリンク:
HGUC 1/144 RGC-83 ジム・キャノンII (機動戦士ガンダム0083)
HGUC 1/144 RX-78GP01 ガンダムGP01 ゼフィランサス (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)
HGUC 1/144 RGM-79N ジムカスタム (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)

| ガンプラの写真 | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/171-3ed82608

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT