ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HGUC 1/144 RGM-89S スタークジェガン

「HGUC 1/144 RGM-89S スタークジェガン」というキットを用いたデジラマ風合成写真です。

HGUC 1/144 RGM-89S スタークジェガン デジラマ風
HGUC 1/144 RGM-89S スタークジェガン

スタークジェガンは、「逆シャア」で描かれた第二次ネオ・ジオン抗争後、どうやら当分大きな戦争はなさそうだという事で連邦軍の軍備縮小傾向の中、新機種開発というより既存機種の仕様変更、という中で生まれた、ジェガンに追加武装を施した機体です。

UCのEpisode1でクシャトリア相手に善戦むなしくビームサーベルで真っ二つに溶断されるシーンが印象的です。また、特徴的な肩のミサイルポッドを切り離すシーンもなかなかカッコいいです。


キットのお話に移ります。

UCシリーズのキットはよく出来たキットが多いのですが、このスタークジェガンもまずまずの水準でしっかりとまとまった好キットです。

箱を開けてまず思ったのは、思ったより成型色の緑が濃いですね。ジムのような薄緑というよりはむしろザクっぽい緑です。これによって、組み上げるとけっこう重厚感が出ると思います。

目立つ合わせ目は肩アーマー部ですが、そこにはミサイルポッドがつきますので上部の合わせ目は気になりません。ただ、横の合わせ目はちょっと目立ちますね。この部分は部分塗装をしたくなる部分なので、合わせ目処理をしない場合はちょっと困りますね。

それ意外に気になりそうな合わせ目は、せいぜい武器くらいだと思います。

それよりちょっと気になるのは、けっこうぶっといゲートが多いなと感じました。丁寧に処理をすればゲート跡が目立ってしまうというような事はありませんが。

パーツ分割による色分けはしっかりしており、ミサイルポッドも別パーツの赤いミサイルを裏側からはめ込むようになっているので、細かい部分塗装をする必要がありません。(ちなみに、ミサイル発射状態を再現するような差し替えパーツはありません。)

ちょっとアレレ?と思ったのは、他キットだと色分け用ホイルシールがついていそうな部分が多いのですが、実はホイルシールはいっさいついていません。

頭部パーツやミサイルポッドのセンサー部やスラスター部などはシールもついていないので、色を再現しようとするとけっこう細かい部分塗装やシールの自作が必要になります。できればシールをつけて欲しかったですねえ。

私は脚部や肩の黄色の内側に黒という部分は黒だけペンで塗り、センサー部は100均で買ったメタリックテープを貼りました。

それから、説明書には触れられていませんが、ミサイルポッドや腕部、脚部のアーマーはどうやら取り外しできるようになっていますね。

肩や脚はジョイント用のポッチが出てしまうのですが、とりあえずポッドやアーマーを外してスタークジェガンライトアーマー(?)っぽくする事もできない事もないです。

武装はビームサーベルが長いのと短いのが一本ずつ、ビームライフル、ハイパーバズーカが付属しています。

バズーカは脇に挟む持ち方しかできないですね。これはキットの性質というよりは、肩にミサイルポッドがありますのでやむを得ないところですね。というより、作中でも脇に挟んで構えてますね。

マーキングシールはお約束の連邦とロンド・ベルのマークと数字シールが入っています。

ちなみに、けっこう余剰パーツが多いのですが、なんと顔パーツが余ります。バイザーのクリアパーツに余剰はないので使い道はあんまりなさそうですが。

Amazonリンク:
HGUC 1/144 RGM-89S スタークジェガン (機動戦士ガンダムUC)

| ガンプラの写真 | 02:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/179-09a1fd61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT