ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HGUC 1/144 MSM-03C ハイゴッグ

「HGUC 1/144 MSM-03C ハイゴッグ」というキットを用いたデジラマ風合成写真です。

HGUC 1/144 MSM-03C ハイゴッグ デジラマ風
HGUC 1/144 MSM-03C ハイゴッグ

「ポケットの中の戦争」の冒頭シーンで北極基地を襲い、ジム寒冷地仕様とド派手にやりあうというシーンで活躍する機体ですが、ゲームにもよく出てきますね。ゲームではゴッグのトロさとは打って変わって、軽快な動きが気持ちがいいという印象があります。

設定上も機体の小型軽量化により機動性・運動性が向上しており、なかなか優秀な機体に仕上がったという事で短期間に数多く量産されたそうです。


キットのお話に移ります。

成型色は鮮やかな水色で作中のイメージそのままですが、個人的にはもうちょっと薄くてもいいかなと思います。また、グレーや銀に塗ってもよく似合いそうです。

最新のキットに比べるとパーツ数は少なく、組み上げるだけならサクサクと簡単に仕上がると思います。ただ、部分塗装をしたくなる細かい部分が多いことと、腕のジャバラの内側の動力パイプっぽいところの数が多く、そのスミ入れ作業がけっこう大変なので、思ったより時間がかかりました。

色分けに関しては細かい色分けシールも入っていてそのまま組み立ててもソコソコですが、胸・・・というか顔の下部分の赤の中に黒という部分と、肩アーマーの内側のグレーは塗らずにそのままだとちょっと厳しい感じがします。

パーツの合わせ目は全身に渡って結構目立つ方だと思います。腕ジャバラは筒状なので完全に合わせ目ナシで良いのですが、脚や肩アーマー、胴体の目立つところにズバっと入ります。

真正面から見る分には気にならないといえば気にならない合わせ目ですが、露出している部分が多い事は確かなので気になる人はそれなりに大変かもしれません。特に肩アーマーは巨大で合わせ目の長さが長いので苦労しそうです。(ちなみに私は何もしませんでした。)

モノアイはクリアパーツになっています。ランナーの状態だと実にきれいな蛍光ピンクでオオッ!と思ったのですが、組み付けてみるとほとんど真っ暗にしか見えない状態でした。残念。


プロポーションやジャバラ関節の独特な動きで、ハイゴッグのイメージ通りのポージングが楽しめるのがいいところですね。ただ、腕が猛烈に長いのでちょっとバランスが悪い面があり、爪で地面を支える格好で自立させるという事も多いと思います。

写真には映ってませんが、ミサイルユニットや水中ジェットパックをオプションで取り付けられるようになっています。ただ、そのオレンジ色がちょっとダサいなぁ・・・と感じてランナーから切り離す事すらしませんでした。塗ればいいだけの事ですが。

設定上ゴッグよりも小型軽量化がなされているという事ですが、背の高さこそ少し低くなっているものの腕と肩アーマーが巨大なのでイメージとしてはデカイです。想像してたよりずっとデカイです。横幅をかなり取るので、飾るスペースは普通のキットの倍くらい取りますね。

Amazonリンク:
HGUC 1/144 MSM-03C ハイゴッグ (機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争)

| ガンプラの写真 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/207-78caf02f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT