ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HGUC以外のキットのプチレビュー(旧キットなど)

当ブログで写真を掲載しているキットの中で、HGUC規格以外のものについてのプチレビューです。
 →HGUC一覧 ~ 発売中全キット一覧とプチレビュー

キット名がリンクになっているものは、クリックするとそのキットに関する記事の一覧へジャンプできます。

★印は筆者の独断による、「これはいいものだ!度」です。ただし、キットそのもののデキに加えてその機体に対する私の好き嫌いも含まれています。

▼ジャンプ
旧キット 旧HG(08小隊) 新HG ジ・オリジンHG 鉄血のオルフェンズHG サンダーボルト版HG HG UCHG RG その他 

EXモデル 1/144 ガルマドップ
★★★★★
EXモデルの中では手頃な値段で手に入るガルマドップです。パーツ数は20強で、キャノピーはクリアパーツ、ランディングギアの出し入れが可動で再現、そして素晴らしいディティールとフォルムになっています。大きさは下の写真のザクの足元との比較を参考にしてください。

(写真では緑色に塗ってありますが、成型色はガルマカラーです。)
dopp02.jpg dopp01.jpg

EXモデル 1/1700 モビルシップ・アーガマ
★★★★☆
目立つ合わせ目も少なく組み立てやすく、非常にカッコいいアーガマです。居住ブロックの支柱の伸縮(差し替え)や回転、モビルスーツデッキの扉の開閉(パーツの付け外し)など、色々遊べる要素も多くなっています。オマケとして同スケールのMk-II、Z、リックディアスのフィギュアがついています。

全ランナー白の単色成形なので、少なくとも部分塗装の必要があります。

P1010449_201411190226258df.jpg P1010444_20141119022627db8.jpg 01_2014111902262326a.jpg

1/144 コアブースター (旧キット)
★★★★★
旧キットだからと言って侮れないフォルムとディティールです。かなりカッコいいキットになっています。薄水色の成型色なので塗った方が断然カッコ良くなると思いますが、モールドがシッカリしているので塗装の上からのスミ入れもラクです。

cbooster0.jpg cbooster.jpg

1/1200 マゼラン (旧キット)
★★★★★
サラミスと並んでポピュラーな戦艦ですが、キットとしてはサラミスよりも一段上のレベルという感じですね。パーツの成形と絶妙な分割によって、実に立体的なリアルなフォルムで立体化されています。艦船系のキットとしては目立つ合わせ目も少なく、組みやすく、塗りやすく、カッコよく、見事な傑作キットです。

PICT0002_20140320053740290.jpg PICT0003_20140320053741630.jpg

1/1200 サラミス (旧キット)
★★★☆☆
造形、フォルムは言うことナシですね。元々色数も少ない戦艦なので色の塗り分けで苦労する事はありません。胴体が左右パックリのモナカ割ですから、そこの処理さえクリアすれば組み立ても楽です。小さいボールとジムが3体ずつついてきます。

PICT0003_20140319025538bb9.jpg PICT0004_20140319025539cba.jpg

1/550 ミデア (旧キット)
★★★★☆
こういう機体がキット化されているというのが旧キットも魅力ですね。劇中イメージそのままのフォルムが再現された良いキットだと思います。色の塗り分けをしやすいパーツ分割になっています。オマケとしてちっちゃいドムが三体ついています。

PICT0009_20140104004311c26.jpg vlcsnap-2014-01-07-04h36m18s45.jpg

1/144 ドダイ (旧キット)
★★★★★
サブフライトシステムのキットは同スケールのMSキットを乗せて遊べますから貴重です。HGUCでもベースジャバーがまさかの発売をして人気を博しましたが、こちらの旧キットドダイも素晴らしいフォルムで最高のキットです。もちろん1/144のキットを乗せても安定して立たせる事ができます。オマケとして旧キットグフの股関節可動拡張パーツがついています。

PICT0008_2014010400543960e.jpg vlcsnap-2014-01-07-04h38m32s118.jpg

1/1200 量産型ムサイ(旧キット)
★★★★★
15~16センチくらいの、実にちょうどいい大きさのムサイです。素晴らしい造形と、比較的組み立てやすいパーツ数、構成で、総合的にはなかなか良いキットになっています。成型色はザクの手足くらいの薄い緑ですから、成型色活かしで組み立てるのはちょっと厳しいと思います。

musai.jpg vlcsnap-2014-02-21-04h16m31s37.jpg

1/2400 グワジン(旧キット)
★★★☆☆
機銃と燃料タンクのパーツがやたら多いですが、それ以外だとわずか13パーツという簡単組み立てです。パーツの合わせ目が目立つ部分もなく、とても楽に組み立てられます。色の塗り分けが困難な部分も多くはありません。とにかくお手軽な戦艦キットになっています。

PICT0002_20140224054350968.jpg 01_20140224054352a66.jpg

1/2400 ザンジバル (旧キット)
★★★★☆
ブースターなし状態で10センチ強の小さなザンジバルですが、なかなかカッコ良く造形されています。元々の色数も少ないので塗り分けも楽で、組み立てやすいキットだと思います。ただし、ブリッジ部分の中央の合わせ目が目立つのが難点ですね。

ブースターははめ込みではなくて接着式なので、改造しない限りアリ・ナシを選んで組み立てる事になります。

DSC_0039_20140223071223bc4.jpg vlcsnap-2014-02-22-21h40m01s55_20140223071222e15.jpg

1/1200 ガウ (旧キット)
★★★★☆
1/1200という事で、手のひらサイズのガウですが素晴らしいフォルムです。モールドが深い部分と浅い部分が混在していて、浅い部分はそのままだとスミ入れが難しいと思います。色の塗り分けは機首部と垂直尾翼の赤いところだけ細かい部分塗装が必要ですが、そう難しい部分はありません。

オマケとして超ミニサイズのズゴック、ザク、ドップがついています。なかなかよく出来てます。塗装は至難の業かと思われますが。

PICT0007_201401040043120e4.jpg vlcsnap-2014-01-07-16h34m44s28.jpg

1/144 マゼラアタック (旧キット)
★★★★★
ザクと並べたくなる素晴らしいフォルムです。超カッコいいです。ライトやグリップなどの細かい部品を、特にピンのないところに接着しなくてはいけない部分があり、ちょっとだけ組み立てが大変です。けっこうシッカリとモールドが入っています。マゼラトップとマゼラベースはもちろん分離できます。オマケ要素として、マゼラトップ砲を作れるパーツが入っていますが、マゼラトップ砲を作るとマゼラトップは作れません。

PICT0006_20140104005622195.jpg vlcsnap-2014-01-07-04h37m42s117.jpg

1/550 アッザム (旧キット)
★★★★☆
旧キットとしては珍しく二色成形なんで、塗らなくてもソコソコいい感じになります。脚の伸縮機構がなかなか凝っています。キワモノなんでカッコいいとか悪いとかそういう話ではありませんが、総合的になかなか良く出来たキットです。

adzam02_201404182248159c6.jpg adzam.jpg

1/550 グラブロ (旧キット)
★★★☆☆
なかなか迫力のある造形でカッコいいです。腕は左右には全く動きませんが、後ろに回して航行形態にする事はできます。パネルラインのモールドはカッコいいのですが、ちょっと浅くて塗装した上でスミ入れとなるとちょっと大変だと思います。

PICT0001_201404190607374ed.jpg grabro.jpg

1/550 ビグロ (旧キット)
★★★☆☆
旧キットとしては致命的に目立つ合わせ目も少なく、とても組み立てやすいです。腕がけっこう長いので小さいキットの割には迫力があります。

PICT0003_2014032602561131a.jpg bigro_20140326025612bad.jpg

1/550 ブラウ・ブロ (旧キット)
★★★☆☆
一応2色成形になっています。また、塗装する人にとっても塗り分けやすいパーツ分割・形状になっていると思います。造形は非常にカッコいいと思います。ブラウ・ブロの立体化としてはこれ以上ないと思います。しかし、ボディやブースター部のパーツの貼りあわせがけっこう大変です。位置をキチっと貼り付けなくてはいけない部分が多い割にはピンが少ないんです。総合的には、キワモノですから好みが分かれますがなかなかの名作キットだと思います。

(写真ではグレー成形の部分を銀で塗ってあります。)
003_20150812225720378.jpg 111.jpg

1/144 サイコミュ高機動試験用ザク(旧キット)
★★★☆☆
とにかく合わせ目が多く、非常に組み立てにくいです。脚のギアのシャフトすら全てモナカ割です。しかし、その苦難を乗り超えて組み上げればこの凝った造形のサイコミュザクが出来上がります。ユニークな機体ですから飾って楽しいキットです。

P1010347_20140819003653c7a.jpg P1010346.jpg

1/144 ザクデザートタイプ(旧キット)
★★☆☆☆
旧キットとしてはなかなかカッコいいプロポーションです。HGなどのキットと比べるような話ではありませんが、肩や股関節などに、少しでも可動範囲を広げようという工夫が見て取れます。膝が回転するので、脚を開いた素立ちができるようになっています。

ゴツゴツと角ばったフォルムや固定武装のミサイルポッド、クラッカーポッド、放熱板つきのバックパックなど、なかなかカッコいい造形をしています。HGザク系とのニコイチ改造も比較的やりやすいのではと思います。

ms06d_480.jpg 00004.jpg

1/144 ザク強行偵察型(旧キット)
★★★☆☆
キワモノザクとして名高い(?)偵察ザクです。プロポーション的にストレート組みではチト厳しいかなと思いますが、頭部パーツはモノアイが十字に動かせるという凝ったものになっています。

写真は、HGUC量産型ザクにこの旧キットの頭部やカメラパーツなどを取り付けて作成したものです。

PICT0002_20140301013654e17.jpg zakurecon_20140227235334b85.jpg

1/2200 アーガマ (旧キット)
★★★☆☆
1/2200の手のひらサイズの小さなアーガマです。造形も良く組み立て易く塗装も難しい部類ではありませんが、この小さいアーガマを巨大戦艦的な質感で再現するにはちょっと腕が要りそうですね。ブリッジと尻尾の羽根が動かせます。居住ブロックは回転しませんが、戦闘状態用の短いアームと、通常用の長いアームを差し替えて取り付けるようになっています。

PICT0010_201401250058367ec.jpg vlcsnap-2014-01-25-00h52m27s238.jpg

1/220 バイアラン (旧キット)
★★☆☆☆
1/220の10センチほどの小さなバイアランです。プロポーションはまずまず、いい感じにバランス良くまとまっていますし、全体にシャープな造形でカッコいいです。スナップフィットではなく接着剤が必要ですが、関節部には一応ポリキャップが入っています。

P10102_2014071517463559c.jpg 000_20140719031308aac.jpg

1/144 AMX-101 ガルスJ(旧キット)
★★★☆☆
旧キットながら素晴らしいプロポーションです。関節部には旧キットながらポリキャップが入っていますので、動かしていてヘタる心配がありません。可動範囲はそれほど広くありませんが、足首が左右にスイングできるので接地性は良いです。

PICT0003_20140127201526144.jpg galluss.jpg 000_20140407024943968.jpg

1/144 AMA-01X ジャムルフィン(旧キット)
★★★☆☆
超カッコいいです。素晴らしいフォルムです。ただし、組み立てが超大変です。全ての部位のパーツ分割がモナカで、しかもヤスリが届かないような部分も含めて合わせ目がガンガン目立ちます。

旧キットとは言え、この組み立てにくさは覚悟が必要なレベルです。その大変さを乗り切ると、カッコいいジャムル・フィンを飾る事ができます。変形は手のパーツを外して、脚を外側に、腕を内側に回すだけで完全変形です。

写真では灰色に塗ってありますが、成型色の基本色は水色です。

PICT0002_20140302062101603.jpg 000.jpg 3333.jpg

1/144 モビルカプル(∀ガンダム)
★★★☆☆
設定状14メートルのカプルのキットですから、10センチほどのかわいいキットです。HGよりも前のキットですが、ポリキャップ&スナップフィットで組み立てやすくなっています。

超個性的なプロポーションがよく再現されており、前開きの胴体と頭のフタを閉じる事で上半身をまん丸い球にできるというギミックつきです。腕の付け根が回転しない事から動きに制限はありますが、足元はよく動いて接地性も良いです。

PICT0001_20140424225108d34.jpg kapool01_20140424225111094.jpg

HG 1/144 MS-06J ザクII (08小隊)
★★☆☆☆
プロポーションはいいのですが、可動範囲が狭いのがザクのキットとしては厳しいところです。特に下半身はほとんど動きません。また、全身に深いモールドがカッチリ入っています。この辺は好みが別れるところです。しかし、普通に立たせて飾っておく分にはなかなかカッコいいと思います。

201308120102_20140104010000586.jpg vlcsnap-2014-01-07-16h45m31s101.jpg

HGグフフライトタイプ (08小隊)
★★★★☆
プロポーションは非常に良く、超カッコいいです。武装のガトリングシールドもHGUCグフカスタムのものよりわずかに短いですが造形が素晴らしいです。ただし、脚部の合わせ目がプロペラ(?)のカバーのデッパリの上にナナメに入っており、なかなか処理が大変です。ただ、最低限の合わせ目処理と塗装でどうにかなるとも言えます。超カッコいいので、少しくらい苦労してもやりがいがあります。(写真はグレー部分を銀に塗っています。)

PICT0010_201401040043105c2.jpg gouffliht00.jpg

HG陸戦型ジム(08小隊)
★★★☆☆
ジム本体はHGジムスナイパーと同じものです。違いは成型色と、スナイパーライフルやオマケのアプサラスIIIがない事です。

ゴツゴツしていながらバランスのいいプロポーションが良いです。古いキットなので合わせ目が目立つ事や可動範囲が狭い事は否めませんが、他では手に入りにくい珍しい武器が魅力です。肩当てつきマシンガン、ロケットランチャー、ミサイルランチャー、ビームサーベル、陸戦シールドが付属します。

gmg0.jpg gmg.jpg

HGジムスナイパー (08小隊)
★★★★☆
プロポーションは良好です。目立つ合わせ目も少なくありませんが、比較的処理しやすい部分ばかりです。可動範囲はそれほど広くありませんが、とりあえずライフル両手構えのポーズは取れます。(立膝は到底無理ですが。)バイザー部はシールですが、ライフルのスコープ部がクリアで立体的なジュエルシールになっています。

特筆すべきは武装の充実です。メイン武装のスナイパーライフルの他、マシンガン、ミサイルランチャー、ロケットランチャー、陸戦シールドが付属します。それそれにとてもカッコいいので、この武器セットだけでも価値があります。特にミサイルランチャーは素晴らしいですね。

なぜか(?)1/1200アプサラスIIIがつきます。コレが実は良く出来てます。米粒ほどのザクヘッドもついてます。(写真では手足と顔を砂色に塗ってあります。成型色は全身、緑とグレーです。)

PICT0004_20140104004306175.jpg vlcsnap-2014-01-07-16h41m00s193.jpg

HGガンダムVer.G30th
★★★★★
HGUCのガンダムに対して、同じ1/144スケールでもかなり高額のキットですから、細部まで本当によく出来ています。組みやすさ、合わせ目への配慮、関節部や全身のモールドのハイディティールさ、可動範囲など、素晴らしいキットです。武装はビームライフル、ハイパーバズーカはもちろん、金属鎖付きのガンダムハンマーまでついています。

難点は、ビームライフルのフォアグリップが太く、両手持ちが出来ない事と、シールドが腕に取り付ける事はできても手持ちで正面に構える事ができない事で、劇中のポーズの再現ができない場合がある事です。

PICT0003_20140104004308886.jpg vlcsnap-2014-01-07-17h35m22s66.jpg

HGシャア専用ザク(ジ・オリジン)
★★★★★
精密で精巧な造形な上に圧倒的可動範囲があり、それをガシガシ動かして遊べる頑丈さと、HGキットもここまで来たかと思わせる素晴らしい出来ばえのキットになっています。付属武装の対艦ライフルもシャープでカッコ良く、迫力満点です。

013_20150523182813851.jpg 012_20150523182810e71.jpg

HGガンタンク初期型(ジ・オリジン)
★★★★★
パーツ数は少なめながら、非常にディティールの再現が細かく、いかにも軍用機といった感じのリアル感がよく再現されています。キャタピラは巻きつけ方式ではなく、この形のまま成形されたもので、それによってタワミが表現されており非常にカッコいいです。誰が組み立ててもカッコ良く仕上がるように組みやすく工夫されていますが、特に塗装や汚しが得意な人なら、ものすごくカッコよく仕上がりそうです。

P1010833_20150712024233e6f.jpg 001_20150712024233f41.jpg

HGガンキャノン最初期型(ジ・オリジン)
★★★★★
ガッシリとしたマッシブな体型になっており、スラっとした小顔のガンキャノンだったReviveガンキャノンとは対照的です。パーツ分割の巧みさ、造形の素晴らしさは文句のつけようがなく、見事な立体感で組みあがります。傑作揃いのオリジン版HGの中でも特に素晴らしいキットだと思います。

(写真のものは塗装してあります。)
002_20170219003840e71.jpg 007_20170219003842f03.jpg 006_20170219003843333.jpg

HGドム試作実験機(ジ・オリジンMSD)
★★★★★
個性的な動力パイプつきのドムです。HGUCドムと比べると、立体的なデザインになっており、巧みなパーツ分割でそれを表現しています。白ラインのマーキングシールも効果的です。

001_201609111537570ce.jpg 002_20160911153758bba.jpg

HG局地型ガンダム(ジ・オリジンMSD)
★★★★★
陸戦仕様の試験機という設定のガンダムです。大ぶりなマシンガンと重厚な陸戦シールドが素晴らしくカッコいいと思います。深めのモールドを無骨なデザイン、大量のラインのマーキングシールで、リアル感を演出しています。

(写真ではタン系の色に塗ってあります。)
DSC_0039_20161009183508a94.jpg

HG ガンダムバルバトス(鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
独特のプロポーションを可動範囲を犠牲にせずに再現している傑作キットだと思います。第1形態再現のためのガントレット(小手)つきの左腕は、パーツが丸々腕1本文余分についているという親切さです。

001_20151128193359f8b.jpg 000_201511281933598e9.jpg

HG バルバトス第6形態(鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
バルバトスに追加装甲パーツやブースター、レンチメイスなどのパーツが追加された豪華なキットです。バルバトスを持っている人でも組み立てる価値ありだと思います。

※写真は塗装してあります。
P1011861_2016032122001502f.jpg 名称未設定 1のコピー

HG バルバトスルプス(鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
安価な分、武装はソードメイスのみ、爪付きのハンドパーツも付属しませんが、可動範囲、造形、色分けなどキットの出来としては優秀で欠点の非常に少ない良キットです。

※写真は塗装してあります。
DSC_0021_20170801035309c94.jpg lupus.jpg

HG グレイズ改(鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
非常に立体的にキット化されています。成型色の緑色も渋く、敵方の量産機の鹵獲機という雰囲気がよく出ていますね。目立つ合わせ目もなく、色分け良好、可動範囲も広く、それといった欠点が見当たりません。

P1011778_20151227233625af7.jpg graze.jpg

HG 流星号 [グレイズ改弐](鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
グレイズ改のキットに、流星号用の改修パーツ(肩部、リアスカート、頭部、ショートライフル、追加シール)がついたキットです。若干深みのある赤い成型色もカッコ良く、組みやすく立体的な造形の好キットです。印象的なノーズアート部分はモールドが刻まれていませんので、塗装で再現するのは至難だと思います。素直にシールを使うのが無難です。

(写真ではメタリックレッドに塗ってあります。)
grazecustomii_20160221180544f9a.jpg 000_20160221145412cc7.jpg

HG ガンダムフラウロス[流星号](鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
立体的で精密かつダイナミックな造形が素晴らしいキットです。塗装しやすく、塗装しない人でも成型色のままでそれなりに見栄えするという面も特徴の、よくできたキットです。

(写真ではメタリックレッドに塗ってあります。)
DSC_0019_201704171950307d4.jpg FLAUROS.jpg

HG ガンダムグシオンリベイク(鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
通常状態と照準モードを再現する2つの頭部パーツや隠し腕ギミックなど、豪華なキット内容になっています。可動範囲を犠牲にせずにプロポーションと派手さを再現できている傑作キットです。ただし、元々の機体の色分け設定が細かすぎてキットではシールで再現という部分が多くなっています。

写真では、別売りの滑空砲とアックスを持たせてあります。
P1011842_20160305015412393.jpg gr02_20160305015408e5c.jpg

HG グシオンリベイクフルシティ(鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
バックパックから展開する隠し腕やシザース可変型リアアーマーといった楽しいギミックが素晴らしいです。造形も素晴らしいと思います。

難点は立体的な部分にかぶせる格好になるところの多い色分けシールで、ちょっと無理がありますが、低価格なHGではこれ以上のパーツ色分けは難しいところだと思います。

DSC_0017_20170728002025df1.jpg gusionrebakefullcity.jpg

HGイオフレーム獅電(鉄血のオルフェンズ)
★★★★★
テイワズ製量産機の獅電です。色分け再現、パーツ分割ともに隙のない出来ばえの好キットです。

DSC_0093_2017012816174061d.jpg shiden00_20170128161733407.jpg

HGフルアーマーガンダム サンダーボルトVer.
★★★★★
ゴツゴツした無骨なデザインで、スマートさとは真逆のアプローチでデザインされたフルアーマーガンダムです。細部に渡って執拗とも思えるほど凝ったディティールは素晴らしいです。合わせ目が目立たずそのままでもハイレベルな色分け再現と、非常に組みやすいキットでもあります。

ゴッツい武器の保持にも問題はなく、巨大バックパックにもかかわらず自立させて飾るにも問題のないバランスを再現しています。しかもディスプレイスタンド付きです。

それといった欠点のない傑作キットになっていますので、この独特のデザインさえ受け付ける人になら自信を持ってオススメできます。

PICT0005_20140309224059d54.jpg gundamtb.jpg

HGジム サンダーボルトVer.
★★★★★
スラっとしたジムというより、どちらかと言うとゴッツいプロポーションのジムになっています。関節部の保護シーリングや網状のエアインテークなど、ちょっと個性的なディティールも実にカッコよく再現されています。シールドは2枚つきである程度自由な位置に保持できるアームでマウントできます。通常のジムのように腕に取り付ける事もできます。可動も標準以上で、接地性も良いです。

細かいマーキングシールが大量に入っており、全部貼るとかなりリアルな感じに仕上がります。難点を強いてあげれば、腕の合わせ目の配慮がない事です。他の部分に目立つ合わせ目はほとんどないのに、なぜ腕だけ?という感じです。

PICT0002_2013123100234654as_20140104012141a36.jpg 名称未設定 1

1/144ボール サンダーボルトVer.
★★★☆☆
マンガの「機動戦士ガンダムサンダーボルト」の3巻限定版のオマケキットです。パーツ数は30程度のシンプルなキットですが、なかなか精巧で渋い造形です。大量の色分けホイルシールがついていますから、ただ組み立ててシールを貼るだけでもカッコいいですね。

PICT0001_20140228222024a65.jpg ball01.jpg

HG量産型ザク サンダーボルトVer.
★★★★★
ザクのキットもF2ザク以来格段にバージョンアップしましたが、このキットも素晴らしいキットです。組みやすく合わせ目の目立たないパーツ分割や豊富な色分けシールやマーキングシールで誰が組み立ててもカッコいいザクになります。

F2ザクのような小顔でスラっとしたカッコ良さとは違って、いかにも量産型ザクという手足の太いガッチリ型のザクです。

PICT0002_2014030422061628f.jpg 001_2014030422063223f.jpg

HG量産型ザク+ビッグガン サンダーボルトVer.
★★★★★
量産型ザク・サンダーボルトVer.に長距離ビーム砲のビッグガンがセットになったキットです。ビッグガンは超大型で、脚も含めると全長約30センチ、高さは14~15センチほどあります。ビッグガンの脚とフォアグリップの可動により、ザクの持たせやすいように配慮されています。

大量の色分けシールとパーツ分割による色分け、さらにマーキングシールの充実で、誰が組み立ててもカッコいいザク+ビッグガンが出来上がるようになっています。

PICT0002_20140428054548d97.jpg 001_20140428054602352.jpg

HGザクI (旧ザク) サンダーボルトVer.
★★★★★
完全新規造形の旧ザクで、ゴツゴツとした独特なフォルムですが見事なパーツ分割で非常に立体的な造形の素晴らしいキットです。2種類のバズーカ、マシンガン、ヒートホーク、ついでにクラッカーまでついているという豊富な武装や、伸ばした状態も差し替えで再現できるサブアームなど、楽しい要素もあってオススメできるキットです。

003_20140627191030afe.jpg 001_20140627191030121.jpg

HG 1/144 MS-06R 高機動型ザク サンダーボルトVer.[サイコザク]
★★★★★
凄まじいほどのハイディティールさと、超巨大タンク兼武装ラックつきのバックパックのど迫力の、文句のつけようのない傑作キットです。

渋いアズキ色の成型色と、バーニアパーツの金色の成型色が目を引きます。バズーカ5本、マシンガン1本、シュツルムファウスト4本、ヒートホーク1本と超豊富な武装は、手持ち、サブアーム、バックのタンクの武器ラックを総動員すればすべてマウントでき、その状態のド迫力といったら!

psychozaku.jpg psycozaku.jpg

HG UCHG陸戦型ガンダム地上戦セット
★★★★★
HGUC陸戦型ガンダムのキット一式に、ホバートラック、ジム頭、HG陸戦ジム用ハンドパーツ、レールキャノン、連邦軍兵士フィギュアが追加されたセットです。ガンダム以外、つまり追加パーツ全ては2セットずつ入っています。

ホバートラックは7センチ弱の小さなものですが、超絶ハイディティールで驚くほどよく出来ています。箱を開けてビックリする人も多いのでは?HG陸戦ジムのバージョンアップパーツのジム頭は、ゴーグルがクリアパーツになっています。陸ガンにつけてカレン機のジム頭ガンダムの再現もできます。

価格が手頃なのも嬉しいポイントです。HGUC陸戦型ガンダムのキットを既に持っている人でも08小隊再現といった楽しみ方ができますから損はないですし、陸戦型ガンダムを持っていなくてこれから買いたいという人は絶対このセットを買った方がオトクです。

groundwarset.jpg PICT0046_201402070316249c1.jpg

HG UCHGザク地上戦セット
★★★★☆
セット内容は、HGUCザクII(+追加平手パーツ×2)、追加武装(シュツルムファウスト×2、クラッカー×2)、ワッパ×2、連邦一般兵フィギュア2種×2、ジオン一般兵フィギュア×2、61式戦車×2、ザクバズーカ弾×2、エフェクトパーツ(バズーカの発射煙、61式戦車の爆発炎、61式戦車の破損キャタピラ)、大量のデカール、となっています。

61式戦車は、ミニカーサイズながら作った人の執念を感じるような超絶ハイディティールになっています。箱を開けてパーツを見てビックリしました。ものすごい充実っぷりですが、非常にマニアックなセットです。

PICT0002_201402232249586d6.jpg type61.jpg

RG 1/144ガンダム
★★★★★
RG第一弾ですから、後発のGP01などと比較するとトータル的なデキは若干劣る事は否めませんが、カッチリとしたプロポーションと、独特の金属的な成型色で、1/144のキットとは思えないほどの重量感があります。ライフルのスコープや股間のVマークは言うに及ばず、頭部バルカンまで色分けされているという恐ろしい(笑)キットです。

よく言われるパーツのポロリは実はそれほどではありませんが、フクラハギ両脇の外装パーツの内側部分と、腰アーマーがやや外れやすいです。前者は接着で問題ありませんし、腰アーマーはボールジョイントを少し太らせてあげると解決します。

価格が安く、商品の供給も安定しているので手に入れやすいというのも良い点だと思います。組み立ても難しい事はありませんから、丁寧に作業さえすれば初心者でも誰でも、超カッコいいガンダムを楽しむ事ができます。

P1010338_201408122230213c3.jpg 001_2014081222302207c.jpg

RG 1/144 MS-06F 量産型ザク
★★★★★
細かいパネルラインやリングを繋げる格好で組む動力パイプなど、徹底的にリアル感、重厚感にこだわった1/144ザクの決定版です。それでいて誰が組み立てても素晴らしいザクが出来上がる組み立てやすさです。

アドバンスドジョイントのランナーについているハンドパーツだけではなくちゃんと武器持ち手のパーツもついているので、武装の保持も安定しています。

P1010433_20141006182537780.jpg 001_201410061825387de.jpg

RG 1/144 MSM-07S シャア専用ズゴック
★★★★★
全身のパネルラインがモールドではなく実際のパーツ分割で再現されており、リアルなメカメカしいズゴックになりました。色分けも完璧、ディティールも文句なし、可動範囲も抜群です。クリアパーツのモノアイは360度回転&上下に動きます。

組み立ても簡単で、HGキット並みの時間で組み上がります。それでいて、塗装や改造を施さなくても超カッコいいズゴックの完成が約束されています。

002_20140721001654a74.jpg 001_201407210017173f5.jpg

RG 1/144 RX-78GP01 ガンダム試作1号機 ゼフィランサス
★★★★★
さすがにRGとしても12番めの新し目のキットだけあって、執念深さすら感じるハイディティールと素晴らしい可動範囲の文句のつけようのない傑作キットです。ゴツゴツとしたプロポーションもとてもカッコいいです。

P1010488_20150117203359517.jpg 01_201501172034004cc.jpg

RG 1/144 RX-78GP01 Fb ガンダム試作1号機 フルバーニアン
★★★★★
さすがにRGだけあって、超絶ハイディティールですね。白い部分でもパネルによって真っ白とグレーがかった白で色分けがされていたり、執念深いまでの細かさです。外観や可動範囲に関してはパーフェクトだと思います。上半身のドッキングとシールドの保持が少し緩いのが難点ですが、破損しにくいと解釈すればまあ納得です。

P1010185_201406290108299de.jpg 001_201406290108292d1.jpg

RG 1/144 RX-178 ガンダムMk-II (エゥーゴ仕様)
★★★★★
さすがにリアルグレード、Mk-IIらしい筋肉質(?)なプロポーションと文句のつけようのない可動範囲を実現しています。また、RGの中でも非常に組み立てやすいキットだと思います。パーツの破損やポロリの心配も全くありません。

P1010405.jpg 001_2014092021443378b.jpg

RG 1/144 RX-178 ガンダムMk-II (ティターンズ仕様)
★★★★★
エゥーゴ仕様との違いは、成型色、マーキングシールはもちろんですが、テスト機用の若干形状の違ったパーツが少しついています。(肩、スラスター、インテークなど)

P1010396_201409151758506d0.jpg P1010397_201409151758484f3.jpg 001_201409151759076d0.jpg

RG 1/144 MSZ-006 ゼータガンダム
★★★★★
さすがに主役機の中でも特に人気の高いゼータのキットだけあって、入魂の出来ばえのキットです。設定色に沿った細かい色分けはもちろん、白い部分も真っ白と薄グレーの二色が贅沢に使われており、高級感を演出しています。

完全変形機構ながら、可動範囲は広く、シッカリとした造りでグラグラしてしまうような部分やパーツのポロリのありません。(変形させる際には破損に対する注意は多少必要かと思われますが)

可変機という事で組み立てには時間がかかりますが、基本的に組みやすいキットで難しいという事はありません。誰が組み立てても素晴らしいゼータが手に入ります。

004_20140719042243f01.jpg 001_2014071904225988c.jpg

HGM 1/550 MA-06 ヴァル・ヴァロ
★★★★☆
組み立てて手にとってみると、写真でみるより数段カッコよく感じるキットです。しっかり造形されています。成型色が安っぽいところが素組み派の人には苦しいところです。

(写真では塗装してあります。)
DSC_0005_20170325122145547.jpg valwalo.jpg

| 未分類 | 01:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/220-14a46224

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT