ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HGUC 1/144 ARX-014 シルヴァ・バレト

「HGUC 1/144 ARX-014 シルヴァ・バレト」というキットを用いたデジラマ風合成写真です。

20140201silverbullet.jpg
HGUC 1/144 ARX-014 シルヴァ・バレト

発売されたてホヤホヤのHGUCシルヴァ・バレトです。

マンガの「機動戦士ガンダムUCバンデシネ」やPS3ゲームの「機動戦士ガンダムUC」に登場という、ユニコーンMSVという展開の中でキット化されたものです。

マンガではユニコーンガンダムのテストの模擬戦の相手として数機登場し、擬似NT-Dを発動したユニコーンガンダムにボコボコにされるという役どころです。ゲームでは確かダウンロードコンテンツで使用できるようになっていたように思います。

ドーベン・ウルフに良く似た風体をしていますが、それもそのはずで第一次ネオ・ジオン抗争終了後に連邦軍が接収したドーベン・ウルフをアナハイムで改修した試作モビルスーツという設定です。


キットのお話に移ります。

ドーベン・ウルフ用のランナーがかなり多用されていますが、ドーベン・ウルフも新しいキットですから、最新技術が投入されたよく出来たキットです。

非常にハイディティールです。全身に渡って「そこまでやるか!」と思えるほど細かくパーツ分割されて造形されています。

そしてデカイ!かなりの大型キットになっています。背中がら突き出たバインダーを除いた、足元から頭頂部までだけでも16センチくらいあります。HGUCで言えばνガンダムやドライセンと同じくらいですね。ザクと比べると大人と子供のようです。

DSC_0048_201402010118513e0.jpg

頭部パーツはバイザーのジムタイプとツインアイのガンダムタイプから選んで組み立てるようになっています。(私はジムタイプで組みました。)

これは、頭部パーツが2セット入っているわけではなくて、カメラアイ部分のパーツだけが両方入っているだけなので、一度組んだら気分に合わせて取り替えて・・・という遊び方はできません。頭部パーツをバラせば切り替えできますが、色分けシールを合わせ目の上に貼るようになっているので現実的ではありません。


色分けは、マンガでしか見たことがないので本来の色はよく知りませんが、説明書の写真と見比べて確認してみるとパーツ色分けとシールでほぼ完璧に再現されています。

再現されていない部分を強いてあげれば、胸部装甲の左右のインテークっぽいところとバーニアの内側くらいで、いっさいの塗料の類を使わなくてもじゅうぶんに色分けされたシルヴァ・バレトが完成します。

その色分けシールは、箱を開けた瞬間ビックリしたくらい充実しています。

DSC_0046_20140201010238dfa.jpg

古いキットなどでは特に、「細かい色分けが気になる人は塗ってね!」的な感じでスルーされがちな部分についても、徹底的と言っていいくらいシールがついています。薄いグレーの部分に白いシールを貼るなんて箇所もあるくらいです。本当に親切な配慮だと思います。


パーツの合わせ目で目立つ部分はほとんどありません。例えば頭部パーツが左右にパックリと分割されていますが、組み立ててみるとアンテナパーツや色分けシールで合わせ目が隠れるようになっているなど、随所に工夫が見られます。


可動に関しては、ヒジ、ヒザともに90度くらいの曲がりで、特別よく動くというキットではないです。ただ、足首の接地性は抜群ですね。

それより気になるのは、下半身の関節が全体的に少しゆるい感じです。そこまで致命的にゆるいわけではないので組み立てる前に関節パーツにトップコートを吹き付けるなど、簡単な対応で改善できそうです。

本体以外の部分では、バックパックのバインダー兼ミサイルベイを前向きに展開させる事ができます。可変機の変形みたいな感じでけっこう大げさにグワっと前に展開します。ミサイルベイはフタを開けるとミサイルが顔を出すようになっています。(HGUCダブルゼータガンダムみたいな感じで・・・)

ちょっと注意したいのは説明書にも書いてありますが、バックパックを展開する時に頭部のアンテナに引っ掛けて折ってしまわないようにしたいですね。このキットの頭部アンテナは、そうでなくても折れやすいっぽさに関してはHGUC屈指です(笑)。Vアンテナの他にさらに2本ついていて、それぞれがとても長いんです。特に軟質素材というわけではないので、ちょっと気を使いますね。

シールドも動きます。一見ジェガンタイプの普通のシールドに見えますが、伸縮機構つきで造形も鬼のように凝っています。シールドだけで何とパーツ数は12です。

マンガでも印象的なロケットパンチ・・・いや、有線式ハンドはリード線と専用パーツで再現されています。しかも、腕が飛んでいる状態で飾れるように腕用のスタンドがついています。

silverbullet03.jpg

その他の武装としては、ジェガンタイプに良く似たビームライフルと、黄色い長めの刃のクリアパーツのついたビームサーベル、好みで背中に付け外しできる対艦ミサイルがついています。


ちなみにマーキングシールは入っていません。手持ちのシールを適当に貼ろうと思ってマンガの絵を見てみたんですが、連邦軍のマークとかではなくて肩に「ID SEVEN」(インダストリアルセブン)の文字などが入っているくらいでした。

silverbullet01.jpg

テスト機なので、軍や部隊マークがゴテゴテついているというのも違和感があるかな・・・と思い結局何も貼りませんでした。


総合的に、非常に力の入った期待を裏切らない傑作キットのひとつだと思います。特に、精密なパーツ分割による立体的な造形と、執念すら感じる色分けシールの充実は目を見張るものがあります。

また、基本的に白くて色の薄いキットなので、好きな色に塗り替えて遊ぶのもやりやすいと思います。

Amazonリンク:
HGUC 1/144 ARX-014 シルヴァ・バレト (機動戦士ガンダムUC MSV)

| ガンプラの写真 | 01:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/254-58b64eb3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT