ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

1/144 ザク強行偵察型 (旧キット+HGUC量産型ザク)

「1/144 MSVモビルスーツバリエーション ザク強行偵察型」に「HGUC 1/144 MS-06 量産型ザク」を組み合わせて作成した「ザク強行偵察型」を用いたデジラマ風合成写真です。

1/144 ザク強行偵察型 (旧キット+HGUC量産型ザク)
1/144 ザク強行偵察型 (旧キット+HGUC量産型ザク)

旧キットの「ザク強行偵察型」+HGUCのザクを組み合わせました。

ザクシリーズも膨大なバリエーションがありますが、MSVザクの中でも特にキワモノなのが偵察ザク(ザク強行偵察型)です。ちなみに型式番号はMS-06Eで、英語表記ではZaku Reconとなっています。

全身に大量についたカメラでスパイするのが仕事という、EWACモビルスーツです。手に持っているガンも銃器ではなくて実はカメラガンです。

個人的にはGNO(ガンダムネットワークオペレーション)で、その異常な俊敏性を活かした回避役としての活躍が印象深いです。耐久は低いものの、”当たらなければ以下略”を地で行く機体でした。

MSV展開から映像作品本編に登場というパターンも割とよくあるんですが、実は偵察ザクも目立たないながらもΖガンダムに登場しています。月面のシーンだったと思いますが、この後百式に盛大に撃破されていました。

zakurecon.jpg


キットのお話と作成の工程についてのお話に移ります。

当初は旧キットへHGの手足を移植するという方向で考えていたのですが、胸のデザインなどがほとんど普通のザクと同じようなものだったので、ボールジョイントも用意していたんですけどわざわざ面倒な事をするのはやめました。

旧キットから持ってきたのは、頭部・カメラガン・肩カメラ・股間カメラ・バックパックです。その他の部分は全部HGUCのザクですが、動力パイプだけは金属スプリングに交換しました。

工程をおおざっぱに言うと、HGUCのザクを普通に組み立てて、そこへ旧キットのパーツを貼り付けていったという感じです。頭部だけはHGUCの胴体側のポリキャップでは接続できませんから、旧キットの頭部に合わせて胴体パーツを切って削って合わせました。

動力パイプを金属スプリングに変えたのはデザイン的な目的ではなく、顔や胴体からバックパックにパイプを繋ぐ必要があるので、クネクネ曲がるパイプが必要だったからです。

顔や胴体のパイプは中にリード線を通したりして工夫して接着しましたが、脚のパイプは差しこんであるだけです。引っ張れば抜けます。引っ張らないので大丈夫という発想です。

ついでに、カメラガンも含めて全身で5箇所あるカメラは市販のモノアイパーツを取り付けておきました。

頭部は旧キットの仕様なんですが、素晴らしい事にモノアイがレールに沿って上下左右に動かせるようになっています。

PICT0002_20140301013654e17_201403072043381e6_20140518171221325.jpg


なんだかんだで、けっこう気に入った出来上がりになりました。

1/144 MSVモビルスーツバリエーション ザク強行偵察型
HGUC 1/144 MS-06 量産型ザク (機動戦士ガンダム)

| ガンプラの写真 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/286-26dc1b28

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT