ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HGUC 1/144 MSN-001 デルタガンダム

「HGUC 1/144 MSN-001 デルタガンダム」というキットを用いたデジラマ風合成写真です。

HGUC 1/144 MSN-001 デルタガンダム
HGUC 1/144 MSN-001 デルタガンダム

デルタガンダムは、百式が開発・ロールアウトされた時代の技術では実現不可能だった、あるべき姿の百式とも言える可変モビルスーツですが、実機の存在を明示する資料や証拠はなく、あくまで設定のみ、あるいはシミュレータ上のみに存在する機体です。

プラモの説明書には、それぞれの機体の劇中登場シーンのミニストーリーが載っていますが、デルタガンダムに関してはシミュレータでクワトロ・バジーナの操るデルタガンダムと戦闘するリディ・マーセナスというストーリーになっています。

動くところはPS3ゲームの「機動戦士ガンダムUC」で見られますが、初回封入特典のダウンロード用コードが必要という事で、そういう意味でも幻の機体ですね。

001_20140330222245107.jpg


キットのお話に移ります。

HGUCの通常製品としては百式以来のゴールドメッキ仕様で、素晴らしい輝きです。言うまでもなく、メッキされたパーツの大半はアンダーゲートで、ランナーから切り離してもゲート跡が露出する部分はほとんどありません。

わずかに通常ゲートの部分もありますが、ここまで全身金ピカだとよっぽど目をこらして見ない限りゲートによるメッキのハゲ箇所は確認できません。

デルタプラスによく似ており、プロポーションのバランスもデルタプラスに近いですが、ほとんどのパーツはデルタガンダム用に新たに造形されています。非常に精密な造形です。胸や脚部の立体的な造形は目を見張るものがあります。

可変機構は、HGUCのデルタプラスやΖガンダムと同じように、ほとんど一旦バラして差し替えパーツを用いて組み直しという感じで、正直面倒ですね。(私は変形用パーツはランナーから切り離すことすらしていません。)

ただ、無理に完全変形を実現するよりも差し替えバラシ変形の方が、MS形態、ウエイブライダー形態、それぞれのプロポーションや強度の面で断然良くなると思いますので、この変形機構には賛成ですね。

003_20140330221829c5b.jpg

けっこう高いキットですが、この素晴らしいゴールドメッキと考えると、なんとか手が出せる程度の値段によく収めてくれたと感じますね。


HGUCの百式の系譜も、とりあえずこのキットで完結という感じですね。かなり古いキットの百式も非常にカッコいいキットでしたが、”決定版”という感じのデルタガンダムでうまく締めてくれたと思います。

002_20140330222044c0a.jpg


Amazonリンク:
HGUC 1/144 MSN-001 デルタガンダム (機動戦士ガンダムUC)

| ガンプラの写真 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/403-182212b3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT