ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HGUC 1/144 MS-06R-2 ジョニー・ライデン専用ザク (ジャイアント・バズ)

「HGUC 1/144 MS-06R-2 ジョニー・ライデン専用ザク」というキットを用いたデジラマ風合成写真です。

HGUC 1/144 MS-06R-2 ジョニー・ライデン専用ザク (ジャイアント・バズ)
HGUC 1/144 MS-06R-2 ジョニー・ライデン専用ザク

ジョニー・ライデン専用ザクは”MS-06R-2”という形式名で、同じ高機動ザクと名のつく機体の中でも、マツナガ機などよりもより高性能にチューンされています。(ジェネレータ出力はマツナガ機の3割増となっています。)

形式コード”R2”の高機動ザクは、空間戦闘用の主力モビルスーツの座をリックドムと争い、性能面ではリックドムを凌駕していたものの生産性や稼働条件の面が理由で選定に漏れた機体で、ゲルググの皮を被ったザクと称される事もある性能を誇ります。

実際に生産された機数はわずか4機で、そのうち1機がこのジョニー・ライデン機となっています。彼も「R2こそが愛機」と語るように、気に入っていたそうです。

・・・という設定のMSV発祥のモビルスーツです。


キットのお話に移ります。

同じ高機動ザクという事で、同じくHGUCキット化されているマツナガ機とよく似ていますが、ライデン機とマツナガ機の目につく違いはカラーリングはもちろんですが、カバーリングが施された脚部になっています。

その脚部は、通常のゴツゴツした高機動ザクの脚の上にカバーのパーツをかぶせる構成になっており、全く見えないところにもかかわらずカバーの内側には小さい動力パイプを含めてディティールが再現されています。(キットとしてカバーを外す前提ではありません。)

他はフロントアーマーの微妙な違いくらいで、ほぼマツナガザクと同じですね。という事は、現状では最新技術のHGザクというフォーマットですから、素晴らしい造形とプロポーションに仕上がっています。

脚カバーの分、スッキリとした印象のデザインです。そして高機動ザクの売り物(?)のバックパックのカッコよさはもちろん健在です。

PICT0003_20140412222955e35.jpgPICT0004_20140412222954508.jpg
PICT0006_20140412222440d60.jpg


色分けはパーツ分割とシールでほぼ再現されています。個性的なスパイクアーマーも黄色いトゲパーツが3個ちゃんとついています。ちなみに靴部分の色構成が他のザクとは違ったパターンになっていて面白いですね。

色分け再現の漏れはバーニア・スラスター内側の赤とブレードアンテナの付け根のグレーくらいですが、部分塗装しなくてもじゅうぶんな色分けだと思います。部分塗装はほとんど自己満足のレベルを出ないと言えます。(そうは言っても塗っても楽な部分ばかりでした。)

RB(Red Blitz=真紅の稲妻)マークや、腰アーマーのラインや、パーソナルマーク(ユニコーンの図柄)などのマーキングシールが付属します。腰アーマーの白ラインが超カッコいいですね。このラインによっていかにもエース機という印象が強くなっていると感じます。


パーツの合わせ目は、HGザクのお約束の部分に露出します。具体的にはスパイクアーマー、前腕、モモ部分です。モモは前後分割なので目立ちませんが、前腕はちょっと目立ちますね。

ちなみに最新フォーマットのザクでは肩から脇にかけての部分が、かぶせパーツになっているので胴体に合わせ目が全く出ないよう配慮されていますよね。地味ながら偉大なるキットの進化です。


動きに関しては、肩は引き出し機構がダブル、腰はボールジョイントがダブルと、微妙な表情をつけやすく配慮されています。脚部は、膝関節も90度程度の曲がりですし、脚の付け根もそうグリグリ動くほどではありません。(新しいキットだからそういう印象を受けますが、一般的な可動といったところです。)


武装は、ジョニー・ライデンのザクと言えば・・・!という武器であるジャイアント・バズがもちろん付属します。ザクバズーカと比べるとボリューム感があって、これぞ!といった感じです。

他には、ザク・マシンガン、ザク・バズーカ、ヒートホークがひとつずつ付属し、シールド部にマウントパーツをとりつければ、そこにマウントする事ができます。

武装マウントパーツをつける部分は、マーキングシールを貼りたくなる部分なのでマウントパーツの内側をホンのちょっと削ってあげると、付け外しの時にシールを擦ってしまう心配がありません。


キットのお話はこのくらいにして、ジョニー・ライデンその人についてのお話も少々・・・いや、いっぱい。

MSVのプラモデル先行で誕生したのがジョニー・ライデンという人物で、そのイメージも黒髪だったり無骨なオッサンだったりと、なかなか一定しなかった部分があるようです。

今では、ゲームの「ギレンの野望」シリーズでの”金髪の青年エース・パイロットで、気さくで人当たりの良い性格”というイメージが定着していると思います。私もそういうイメージを持っています。

ア・バオア・クー戦で行方不明になるまでの間一年戦争を戦い抜き、ジオン公国軍で第三位の撃墜スコアをマークしたとも言われています。(MS撃墜数185機、艦船撃墜数6隻)

ただ、パーソナルカラーの赤に塗装されたモビルスーツがしばしばシャアのものと誤認され、撃墜スコアもシャアのものと混同されているケースがあって正確ではないという説もあります。


ギレンの野望シリーズのゲーム”ジオンの系譜”では、シャア専用機との誤認というエピソードに加え、スタッフによるちょっと三の線のイメージづくりも手伝って、戦闘中会話がなかなか楽しいものになっています。

jr.jpg

このゲームでの戦闘中会話はほとんどのキャラクターの組み合わせにおいて、せいぜい会話一往復くらいのやりとりなんですが、なぜか彼の場合はご覧の通りです。スタッフに愛されてますねえ。

ちなみにゲームでの能力パラメータはさすがエース・パイロットという感じで、途中で戦死したり寝返ったりする事もなく非常に頼りになる存在です。

残念なのは彼のトレードマークのR2ザクが、ゲーム中のロールアウト時期の問題であまり活躍しない事ですね。専用機の高機動ゲルググでの鬼神のような大活躍の方が印象が強いです。


Amazonリンク:
HGUC 1/144 MS-06R-2 ジョニー・ライデン専用ザク (MSV)

| ガンプラの写真 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/413-90b3e07e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT