ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

1/550 アッザム(旧キット) のんびり飛行中

旧キットの「1/550 アッザム」を用いたデジラマ風合成写真です。

1/550 アッザム(旧キット) のんびり飛行中
1/550 アッザム(旧キット)

アッザムはテレビ版「機動戦士ガンダム」の18話「灼熱のアッザム・リーダー」に登場するジオン軍のモビルアーマーですが、まだモビルアーマーという概念が確立していない時期の機体で、移動砲座という扱いだったようです。

二連装メガ粒子砲が機体の上下に四門ずつ、計八門装備されています。対モビルスーツ用兵器として触媒のコナを撒いて高周波でダメージを与えるアッザムリーダーというヘンな兵器も装備されています。

adzam01.jpg


キットのお話に移ります。

キワモノ中のキワモノといった機体なので、カッコいいとかカッコ悪いとかそういう話でもないんですが、キットとしてはよく出来ています。

脚は写真をご覧の通りなかなか凝っているんですが、これが実はけっこうよく動きます。グレーの部分の角度も動かせますし、軸を上下に伸縮させる事ができます。そして”くの字”の部分はサスペンションみたいに動くようになっています。

adzam03.jpg

軸の伸縮は、脚の内側の溝に軸のデッパリを引っ掛けるようになっており、長さを固定した状態から軸を90度回して引っ掛けを外して長さを決め、その状態でまた回して引っ掛けて固定・・・という機構になっています。(説明の文章としてわかりづらすぎですね・・・)

砲塔は下の四門は固定ですが、上の四門は上下に動かせるようになっています。


それから箱を開けてオッ!と思ったのが、紫とグレーの二色成形だという事です。特に何の塗装をしなくてもソコソコいい感じになります。私は、リフトローターの部分だけ塗りました。

adzam02.jpg

本体の他に、アッザムリーダーの本体(さすがにケーブルはついてません。)と触媒のコナが入っているカプセルみたいなやつ(電磁粒子弾という名前だそうです)がついています。

それから旧キットのモビルアーマーや戦艦のキットのお約束として、同スケールのちっちゃいオマケがついています。

このアッザムにはマゼラアタックとガンダムがついています。ガンダムはともかくとしてマゼラアタックはなかなか良くできていますね。組み立てようとは思いませんけど。

adzam04.jpg


旧キットに関しては、人型のもの以外は造形の面では信頼感があります。このアッザムもその期待通り、しっかりとアッザムしてます。先に書いた脚のギミックも良いですし、モールドもシッカリ入っているので、ストレートに組んでもそこそこいい感じに出来上がると思います。

キワモノなんであえてお勧めはしませんけど、とにかく小銭で買えるんで機会があったら手にとってみるのも良いと思います。

ちなみに旧キットはネット通販だと送料を払うのがもったいないので、普通のお店で買うのが良いと思います。ひとつ200円~400円くらいで買えます。


Amazonリンク:
1/550 アッザム (機動戦士ガンダム)

| ガンプラの写真 | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/416-b54ef52e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT