ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HGUC 1/144 PMX-000 メッサーラ (MS形態)

「HGUC 1/144 PMX-000 メッサーラ」というキットを用いたデジラマ風合成写真です。

HGUC 1/144 PMX-000 メッサーラ (MS形態)
HGUC 1/144 PMX-000 メッサーラ

メッサーラはΖガンダムに登場する、ジュピトリス製の可変モビルアーマーです。

ジ・オやパラス・アテネと同じPMXシリーズのワンオフ機で、非常に高性能機だったそうですが、作った本人のシロッコが搭乗してテンプテーションを襲撃したシーンと、エゥーゴの大気圏突入を邪魔したシーンの後はそれと言って目立ちませんでした。

にもかかわらず存在感があるのは、シリーズ初の変形シーンを披露した機体であるという事と、いかにも悪役然とした秀逸なデザインによると思います。


キットのお話に移ります。

設定上頭頂高23メートルのメッサーラは、HGUCキットの中で、定価的にも別格なデンドロビウムやクシャトリヤといったキットは別として、最大級にデッカいキットになっています。このデカさならば、他の機体なんてカトンボですね。

PICT0001_20140503175309718.jpg

このデカさで足元も細い感じですが、実は案外接地性も良かったりします。後ろの連装スラスターもデカいのですが、それをものともしないバランスの良さです。ディスプレイベースも付属しますが、それを使わずに飾る分にも問題ありません。

可動範囲に関しては、良いと言える部類ではありませんが、劇中イメージに沿ったポージングを楽しむにあたって不自由はない程度です。


色分けはパーツ分割と色分けシールでかなりの部分まで再現されています。ただし、連装スラスターの内側の赤いところだけは、パーツがデカいだけに塗ってあげた方が良さそうです。目立つ部分ですからね。

また、デコの黄色ポッチは小さいデッパリに黄色いシールを貼るというちょっと無理のあるものになっているので、ここも塗った方が良いと思います。

パーツの合わせ目は、極力目立たないように配慮されていてほとんど表面に露出する部分はありません。足首の上の数ミリが露出するくらいで、他は目立たない部位だったり、段落ちモールドの中になっています。


そして、色々な楽しいギミックが搭載されていてなかなか遊べるキットになっています。

腕は、フタを外してクローのパーツを差し替える事で、いかにも悪そうなツメを展開した状態にできます。武装の中で飛び道具は背中のスラスターユニットの先端のメガ粒子砲だけですから、手持ち銃器はないのですが、ビームサーベルは専用持ち手でガッチリとホールドできます。

また、肩の9連装ミサイルポッドもフタをパカっと開けると顔を出すようになっています。


そして変形機構は、腕パーツの差し替えこそありますが、”準完全変形”という感じです。腕ホールド用兼・スラスターユニット固定パーツによって、MA形態に変形後もとてもシッカリと安定します。

PICT0004_20140503180523993.jpg

全身の関節部はポリキャップ接続の部分は少なく、やや太めのABSパーツを複数個組み合わせてジョイントを形成している格好で、非常にシッカリとしています。

それによって、頑丈なキットになっています。可変機のキットとしてこれは大きいですね。あんまりヤワだと変形させて遊ぶ気が失せますからね。


大きなキットで可変機、しかも劇中では宇宙のシーンばかりという事で、ディスプレイスタンドが付属します。

可変機のキットにディスプレイスタンドというのは珍しくもありませんが、このメッサーラのスタンドは豪華なものになっています。

土台の部分以外は、アクションベースと全く同じです。アクションベースのパーツもひと通りついていますから、余剰パーツ扱いですが接続用の丸ピン、平ピンなども全部ついています。そして土台部分の裏には、差し替えパーツで使わない分を全部収納できるようになっているという親切設計です。


ちょっと値段の高いキットですが、総合的に見て文句のつけようのないキットです。メッサーラの1/144キットとしてはこれ以上ないデキだと思います。


余談ですが、シロッコのメッサーラにちなんでガンダムの世界でたまに出てくる”木星船団”について少し触れておきます。

木星は地球圏から遠いのでガンダムの世界の中でも行き来するのは大変なんですが、そんな木星にわざわざ何をしに行くのかというと、核融合の燃料になるヘリウム3を取りに行っているんです。

ヘリウム3というのはガンダム世界のフィクションの物質ではなく、リアルでも非常にエネルギー変換効率の良い夢のような資源なんだそうです。残念ながら地球近辺ではほとんど取れないのですが、今後宇宙開発が進んで採取できるようになれば革命的な事になるらしいです。

月面では地球上よりもはるかに多いヘリウム3が取れるそうで、採取を試みる研究も続けられているそうです。


そのヘリウム3のために、えらく遠くて高重力の木星へ行き来するわけですから、シロッコは2000メートル級のジュピトリスに乗っていたわけです。これほどまでに巨大な艦ですから、艦内に向上ブロックがあり、PMXシリーズはそこで作られました。

過酷な環境での仕事ですから、それをこなした”木星帰り”は一目置かれる存在なんだそうです。シロッコの他には、ブラウ・ブロのパイロットのシャリア・ブルも木星帰りですね。

一年戦争時から木星へは、連邦・ジオン双方でそれぞれ船団を派遣していましたし、他に中立の木星開発事業団も同様に派遣していました。

000_2014050318380087d.jpg


Amazonリンク:
HGUC 1/144 PMX-000 メッサーラ (機動戦士Zガンダム)

| ガンプラの写真 | 18:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/426-7acafdc5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT