ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HGUC 1/144 MSM-04 アッガイ (洞窟にて)

「HGUC 1/144 MSM-04 アッガイ」というキットを用いたデジラマ風合成写真です。

HGUC 1/144 MSM-04 アッガイ (洞窟にて)
HGUC 1/144 MSM-04 アッガイ

人気モビルスーツのアッガイです。

ザクIIのジェネレーターを水冷式にした上で流用した事により、コストパフォーマンスの高い量産機となっており、偵察・潜入時には2基あるジェネレーターのうち1基のみを使用して機体を動かす事ができ、それによって廃熱を少なく押さえる事ができたため、ステルス性が高いのも特徴です。

ファーストガンダムではジャブロー攻略戦での活躍が印象深いのですが、丸こい体型でヒョコヒョコ歩くのでかわいいと評判で、今なおそのイメージが根強いです。

しかし、08小隊ではカレンの陸戦型ガンダムの頭を殴って吹き飛ばして撃破寸前まで追い込み、アッガイらしからぬ(?)怖いヤツとして描かれました。ちなみに”ジム頭”はこの戦闘で頭を飛ばされた事によって生まれました。

acguy02.jpg


キットのお話に移ります。

比較的大きなパーツが多く、組み立てはあっという間に終わるシンプルなキットですが、巧みなパーツ分割とパーツそのものの造形の良さで、立体的な非常に優れた造形になっています。

特に頭部はよく出来ていて、頭蓋骨みたいな内部フレームにクリアパーツをかぶせて、その上にモノアイレール部分がスリットになったカバーをかぶせるという構成になっています。モノアイはレールに沿って上下左右に動きます。

モノアイパーツはクリアパーツになっていますが、色のついていない透明で、その上に貼るピンクのモノアイシールがついています。

これを貼ってしまうとせっかくのクリアパーツがもったいないので、クリア塗料で塗ると良いと思います。

表側は赤かピンクのクリアで塗り、奥側は銀で塗るか粘着面が銀のテープなどを丸く切って貼ると、組み立てた時に明るい赤が見える状態になって良いと思います。(裏の銀がないと、けっこう暗くなってしまうと思います。)

PICT0003_20140511202005e83.jpg

手足の外装パーツが筒状の1個のパーツになっているなど、パーツの合わせ目がほとんど出ないように配慮されています。外装のスキマから覗く内部フレームの一部や胴体以外には合わせ目が露出する部分はありません。

色分けも完全で、成型色そのままで組み立てるだけで部分塗装を必要とする箇所は皆無です。


ハンドパーツは手先を差し替えて色々な形態を再現できるようになっています。

6本ツメ展開、6本ツメ収納、ミサイルポッド状態、ミサイルランチャー、ミサイルランチャー+バルカンという4つの手先パーツがあります。オマケに、08小隊登場のアッガイを再現できる腕の”フタ”パーツも付属します。

ちなみにツメが出た状態のハンドパーツは1個しかありませんから、両手のツメを展開した状態は再現できません。

腕のジャバラの伸縮も再現しているのですが、これは機構としての伸縮ではなくて、ジャバラ関節のパーツを追加する事による再現です。

ジャバラ関節は大中小が2個ずつ計6個で、両手に3個つずつ取り付ける事もできますし、片手に6個全部つけて腕を長くビヨーンと伸ばした状態も楽しめます。


総合的に見て、シンプルなキットながら特に欠点のみつからない好キットになっています。

Amazonリンク:
HGUC 1/144 MSM-04 アッガイ (機動戦士ガンダム)

| ガンプラの写真 | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/431-c099c1dd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT