ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HGUC 1/144 MSA-0011[Ext] Ex-Sガンダム (宇宙空間)

「HGUC 1/144 MSA-0011[Ext] Ex-Sガンダム」というキットを用いたデジラマ風合成写真です。

HGUC 1/144 MSA-0011[Ext] Ex-Sガンダム (宇宙空間)
HGUC 1/144 MSA-0011[Ext] Ex-Sガンダム

EX-Sガンダムは「イクスェスガンダム」と読みます。ガンダム・センチネルという企画の中で生まれたモビルスーツで、Sガンダム(スペリオル・ガンダム)のフルアーマー形態的なものです。

・・・とは言ったものの、私はガンダム・センチネルは全く知りません。しかし、ゲームの「アクシズの脅威」の方では馴染みがあります。ニュータイプじゃなくてもインコムが飛ばせる鬼強機として、どれだけ助けられたかわかりません。

連邦系勢力でのゲーム終盤においては、ニュータイプにはΞガンダム(クスィーガンダム)、オールドタイプのエースにはこのEx-Sガンダムを与えておけば安心です。


キットのお話に移ります。

HGUCの通し番号で029、発売年が2002年という事で、HGUCの歴史の中では初期に分類されるキットとなっています。しかし、古いからと言って侮れない素晴らしくカッコいいキットになっています。

ガンダム・センチネルのキットでは過去にゼク・アインを組み立てましたが、こちらもいいキットでした。センチネル系キットはプラモマニア向けの企画発祥ですから、生半可なキットは発売できないという面があったのかもしれませんね。


造形面は、パーツ分割も含めて非常に素晴らしい出来ばえになっています。最新のキットと比べても遜色がありません。そして、1/144スケールながらかなりの大型キットです。頭頂高15センチ、背負いモノを入れると17センチほどと、HGUCνガンダムと同じくらいのサイズ感です。

ゲームではGクルーザーという猛烈高支援火力な形態に変形していたように思いますが、このキットでは変形機構は再現されておらず、MS形態固定です。

パーツの合わせ目は当時のキットとしては非常に露出が少なくなっています。モモ、前腕の裏側やバックパックにこそ露出する部分はありますが、全体に非常に目立ちにくいです。

P1010155.jpg


色分けはパーツ分割とシールだけでは再現できていない部分が多いです。いや、色分け再現度が低いというより、元々の設定カラーが細かすぎて、HGの標準的な色分けではとてもムリと言った感じです。

大まかな部分は色分けされているので、そのまま組み立ててもじゅうぶんにカッコいいと思いますが、説明書の写真通りにしようとすると、細かい部分塗装が必要になってきます。

顔のホッペの部分の放熱板っぽいところ、Vアンテナ上のセンサー部、ヒジの内側、肩の後ろのバインダー、膝上のインコムのホルダー的な部分、くるぶし辺りのスラスター、靴部分、ライフルのセンサー部分など、細かい部分ばかりですから、全部塗ろうと思ったらけっこう大変です。

私は正面から見て目立ちそうな部分を塗ったりシールを作って貼ったりしてみました。難しい部分はありませんが、箇所が多くてとにかく面倒ですね。緑色に囲った部分が”部分塗装するといいかもしれないエリア”です。

0000_20140618172157c38.jpg

というわけで、造形は素晴らしく、全体のイメージを損なわない程度には色分け再現されているので、何の手も加えずにストレートに組み立てて、最低限のスミ入れ程度でじゅうぶんにカッコいいEx-Sガンダムが出来上がります。


ちなみにちょっといい感じのマーキングシールが付属します。センチネルを知らないのでよくわかんないんですが、左肩の「VMSAWS」(?)のロゴ、左肩の「GUNDAM System」のロゴ、肩の後ろのバインダーの「EFSF」ロゴなど、それぞれとてもカッコいいです。

ただ、そこは古いキットなので新しいキットみたいにマーキングが図柄ギリギリにカットされていないので、貼る時は周辺を少しカットしてから貼ると良いと思います。

また、両肩の白いロゴは深めのモールドの上に貼りますから、ここはそのラインに沿って真っ二つに切って、上下に分割して貼ってもカッコいいと思います。(私は左肩のシールだけそうしました。)


可動面はちょっと厳しいというのが実際のところです。ご覧の通り非常にゴッツイ機体で、全身に色々くっついていますし、武装のビームスマートガンも非常に長くて構えにくい部類ですから、あまり派手にポージングできるキットではありません。

背負いモノが非常にデカいですからバランスももうひとつですが、何とかギリギリ自立はできます。ただ、転倒による破損のリスクを考えると、後に寄りかかれる場所に飾るか、スタンドを使った方が安心ですね。(スタンドは付属しませんけど・・・)

ライフルは腰部分のパーツを差し替えて、体の前に横向きに保持するポーズが取れるようになっています。(説明書にはそれがアクションポーズとして紹介されています。)

0001_201406181742392e4.jpg

それから、腰サイドアーマーも差し替えパーツがあり、その組立図と差し替えを説明した図が説明書にあるのですが、センチネルを知らない私にとってはそれが何なのかわかんないです。というか、パーツ差し替えに関しては説明なさすぎ!(笑)


総合的に見てひとことで言うと、「古いのに超良く出来てる!」という感じです。比較的発売時期の近いキットの中でも、ゼフィランサスジオングゼク・アインなどと並ぶ名キットだと思います。


Amazonリンク:
HGUC 1/144 MSA-0011[Ext] Ex-Sガンダム (ガンダム・センチネル)

| ガンプラの写真 | 17:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/453-80327cb0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT