ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HGUC 1/144 AMX-101E シュツルム・ガルス 強襲形態

機動戦士ガンダムUCより、HGUCシュツルム・ガルスです。

HGUC 1/144 AMX-101E シュツルム・ガルス 強襲形態
HGUC 1/144 AMX-101E シュツルム・ガルス

シュツルム・ガルスは「機動戦士ガンダムUC」のOVA7話に登場する、袖付きの強襲用モビルスーツです。

ダブルゼータでマシュマー・セロが乗って初登場したガルスJのバリエーション機で、装甲を極限まで削減して軽量化を実現し、関節部の干渉が少なくなり格闘戦における運動性も獲得した機体です。

劇中でもでんぐり返しやスパイクシールドで殴るといった、白兵戦が大得意といった描写でけっこういい役回りでしたね。装甲を犠牲にした格闘戦特化機ということ、劇中でチェーンマインを使用していたことから、ケンプファーと似た運用を想定したという印象です。


キットのお話に移ります。

顔や胸のデザインなどはお兄さんのガルスJを踏襲したデザインですが、装甲が削ぎ落とされているということを割り引いてもかなりスマートなプロポーションになっています。手持ち銃器はなく、両腕に打突兵器兼用のギラ・ドーガ・タイプのシールドを装備しているのが特色です。

パーツ構成や分割に関しては、さすがに長年のHGのノウハウの蓄積が活かされて、破綻なく仕上がっている好キットだと思います。パーツの合わせ目が目立って露出する部分は前腕とフクラハギ部分くらいで、ごく普通に組み立てても見栄えするようになっています。

P1010274.jpg

色分けはパーツ分割とシールで再現されており、全く塗装をしなくても説明書のサンプル通りになるように配慮されています。ただ、シールは貼る部分が立体的な形の上にかぶせて貼るところが多く、ちょっと無理がありるように思います。

胸のエングレービングとその周辺や、カカトの赤いところ、フロントアーマーのスラスター部など、丁寧に貼り付けないとスキマが空いてしまいがちです。そういった部分は少し手間をかけても部分塗装してあげるとより見栄えが良くなると思います。

ただ、エングレービングの部分塗装は難しいとおもうので、胸部分だけはエングレービングとその周辺の黒だけシールをカットして、その周りの白を部分塗装する・・・といった工夫をすると最小限の手間でソコソコいい感じになると思います。

もっと手抜きな手順としては、シールをできるだけ丁寧に貼った上で、スキマが空いてしまった部分などにちょっとだけ塗料を乗せて補修する・・・なんてのも私としては悪くないと思います。(私はそうしちゃいました。)

以上のことからわかるように、全部塗る派の人は同一パーツ内の塗り分けが多いのでちょっと大変かもしれませんね。ちなみに足先の赤いところは合わせ目の上をシールでカバーという格好になっています。


可動に関しては、手脚の関節はそれぞれ90度程度の曲がりですから、そんなに曲がる方ではありません。しかし、手脚ともによく開くので、いかにも”強襲型”といったポーズの再現には問題ありません。

面白いのが腰関節の構造で、上半身と下半身はL字型のジョイントパーツで繋がっており、上半身側の基部が深い(上の方)にあるので、腰がけっこうグリグリ動きますね。これがダイナミックなポーズをつける際に役だっています。

002_20140725211527952.jpg

劇中でも大暴れに大活躍だったことを受けてか、キットにも色々楽しいギミックが搭載されています。

ギラ・ドーガ風に肩についたシールドは、手持ちさせて盾殴り用武器にすることができます(その際にジョイントパーツの差し替えが必要です)。手持ちの場合は握り手にグリップを持たせた上、ヒジにピンを差し込むという接続方法なので安定します。

ガルスJではミサイルだった左右の胸にはマグネット・アンカーがあり、ワイヤーを伸ばした状態をパーツ差し替え+リード線で再現できるようになっています。

唯一の付属武器のチェーンマインは、通常は重ねて背中に背負った状態ですが、もちろん展開した状態を再現したパーツも付属し、爆弾14個をリード線で繋いだ豪華版になっています。

ケンプファーのチェーンマインとほとんど同じですが、ケンプファーのチェーンマインがツノ付き、ツノなし混在だったのに対し、こちらのは14個全部ツノ付きです。


さて、UCのOVAにはなぜかZZ系のモビルスーツが多く登場し、ガルスJの兄弟たちもけっこう登場していますね。

シュツルム・ガルスの他にも、本家の”ガルスJ”と砲撃使用の”ガルスK”が4話に登場しました。せっかくなので、JとKもキット化を期待してしまいますが、シュツルム・ガルスが細身すぎてパーツ流量が効かないような気がしますから、キット化実現は難しいのかな?とも思ったりします。

JとKも、シュツルム・ガルスの基本パーツにマッシブな装甲をかぶせればそれらしい感じになるかも・・・とも思わないでもないですが、どうでしょう。

P1010275.jpg
HGUCシュツルム・ガルスと旧キットのガルスJ

ちなみにこの旧キットのガルスJは、旧キットとしては奇跡のナイス・プロポーションなキットで、かなり劇中イメージに近い立体化になっています。

この線で改めてHGキット化するとなると、シュツルム・ガルスのパーツ流用では難しい気もします。ただ、ある程度割り切ったアレンジで若干スマートなガルスとしてリメイクするのであれば、実現性はあるように思います。

まあ、そんな考えを巡らすのもまたガンプラの楽しみのひとつですよね。


HGUC 1/144 AMX-101E シュツルム・ガルス(機動戦士ガンダムUC)

| ガンプラの写真 | 21:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/470-c026ddc4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT