ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HGUC 1/144 AMX-003 ハマーン・カーン専用 ガザC

HGUC 1/144 AMX-003 ハマーン・カーン専用 ガザC
HGUC 1/144 AMX-003 ハマーン・カーン専用 ガザC

ガザCという機体の成り立ちを語るにはまず、一年戦争まで遡る事になります。

一年戦争後ジオン公国残存部隊がアクシズに避難しましたが、アクシズにその人数を受け入れるキャパシティはありませんでした。そこでアクシズは中をくり抜いた隕石を鉄骨でアクシズ本体につないだモウサと呼ばれる居住ブロックの拡大と、アクシズ自体の要塞化の工事を急ぎました。

そこで活躍した作業用機体がガザA、ガザBで、それらガザシリーズの生産設備やノウハウを活用して開発されたのが可変モビルスーツ・ガザCです。


ハマーン・カーン専用ガザCは、劇場版ZガンダムIIに登場しました。

シロッコのドゴス・ギアのMS部隊との戦闘で追い込まれたアーガマでしたが、謎の大部隊の登場により窮地を脱します。そのガザCの大部隊の中の白い機体がハマーン専用ガザCで、アクシズとエゥーゴの共闘を目論んでシャアとの接触を謀るために近づいてきた・・・というシーンです。

001_20140803184118b6b.jpg

ガザCの特異なシルエットはひと目見て、エゥーゴの機体でも、ティターンズや連邦本隊の機体でもないとわかるデザインで、突然現れた謎の大部隊という不気味な印象を強調しています。


キットのお話に移ります。

2006年発売ですから、それほど新しいキットではありません。とは言ってもこの時期はHGキットそれなりに洗練されつつある時期で、可変機構も含めてまずまずのキットだと思います。

P1010307.jpg

プロポーションは、個性的なアクシズ製MSの雰囲気がよく再現されており、設定デザインにも忠実だと思います。

パーツ数はそう多くなく、サクサクと組みあがります。ただ、手脚の真ん中にズバっと入る合わせ目など、全身に合わせ目が露出しますから、全部処理しようと思ったらそれなりの手間ですからサクサクとはいきませんね。

面白いのは超軟質素材の動力パイプです。少し柔らかいというレベルではなく輪ゴムみたいに本当にクニャクニャで、動かしたり変形させたりする際に邪魔になりません。(この超軟質パイプはHGUCパラス・アテネにも使われています。)

色分けはパーツ割りとシールで概ね再現されているようですが、動力パイプのうちパーツ造形で表現されている部分や、バーニアノズルの中など、細かい部分をちょっとフォローすれば完全です。特に部分塗装などをしなくても致命的に気になる色分け漏れはないと思います。


変形機構は、手首パーツを外してフタをつけた上で変形させる”準完全変形”という感じですね。非常にシンプルな変形機構で比較的簡単な作業です。あまり複雑な変形機構だと、変形させて遊ぶ気が失せますが(笑)、ガザCに関してはそういう心配はないですね。

特に部分塗装などをしなくても

個人的には、Zガンダムに登場する可変機の中でもこのガザCのMA形態は大好きです。ひと目見て、どういう感じで変形したのかわかりやすいですし、このツメつきの”逆脚”の感じが気持ちいいです。

ちなみにHGUC量産型ガザCのキットのはスタンドが付属しますが、このハマーン機の方にはなぜか付属しません。普通の平ジョイントに対応していますから、アクションベースはもちろんメッサーラ、ガブスレイ、アッシマーなどのスタンドでも問題なく使えます。


ところで、モノアイと胸のセンサーは立体的で美しいグリーンのクリアパーツになっています。色具合を見て、いかにもブラックライトに反応しそうだな・・・と思って照射してみたところ・・・

P1010309.jpg

案の定、ギンギンに光りました。モノアイもセンサーも、大きめのクリアパーツなので、ガンプラのクリアパーツの中でもブラックライトで最も気持ちよく発光するパーツだと思います。モールドが刻まれたクリアパーツという事もあり、本当に美しく発光します。(ちなみに、モノアイの裏側にはLEDを仕込むスペースが設けられています。)


Amazonリンク:
HGUC 1/144 AMX-003 ハマーン・カーン専用 ガザC (機動戦士Zガンダム)

| ガンプラの写真 | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/475-cb367f44

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT