ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HGUC 1/144 MSZ-006A1 ゼータプラス (ユニコーンVer.) (森林)

HGUC 1/144 MSZ-006A1 ゼータプラス (ユニコーンVer.) (森林)
HGUC 1/144 MSZ-006A1 ゼータプラス (UC Ver.)

ゼータプラスは「ガンダム・センチネル」という企画が発祥のモビルスーツです。

グリプス戦役時(ゼータガンダムの時代)に、エゥーゴの支援組織カラバで運用された機体で、アナハイムとカラバが共同開発したものです。いわば量産型ゼータガンダムといった機体で、あくまで陸戦用ですからウェイブライダー形態は戦闘機というより長距離移動用と考えられていました。・・・という設定だそうです。

私はガンダム・センチネルを知りませんが、ゲームの「ギレンの野望」シリーズで馴染みがあります。今回のキットはユニコーンのEp.7に出てきたA1型ですが、ハイメガキャノンの砲撃ができるA2型、宇宙用のC1型などが登場します。


キットのお話に移ります。

ユニコーン版ということで、劇中通りほぼグレー一色のとても渋いカラーリングになっています。個人的にはあまりにスッキリしすぎだと感じていましたので、少し濃いグレーを胸や腕の一部、腰サイドアーマーなどに入れてみました。それほど塗った部分は多くないのですが、割と気に入っています。

HGUC 1/144 MSZ-006A1 ゼータプラス (ユニコーンVer.)

ちなみに、元々色数の少ない機体なのでわずかな色分けシールを貼るだけでそのまま組み立ててもカラーリングの再現は概ねOKです。ただし、胸のインテーク部と脚部スラスター部の内側は黒く塗ってあげると良いと思います。どちらもペンで簡単に対応できますが、脚部の方は黒い部分が別パーツなので組み付ける前に塗ると良いです。


プロポーションは脚が長く全体的にソリッドな感じで非常にシャープな印象です。兄貴分のゼータガンダムのHGUC版はけっこう古いキットなので比較するのもナンセンスですが、この記事を書いている時点で最新に近いキットですからかなりレベルアップしています。

手足もよく曲がりますし足元の接地性も良好です。ただ、サイドアーマーが大きいのでその干渉の分だけちょっと動かしにくい部分もあります。

合わせ目やゲート跡の目立たないようによく配慮されたパーツ分割で、非常に立体的でカッコいいです。それでいて組み立てやすく、誰がどう組み立ててもカッコ良く完成するようになっています。

変形はHGUCのZ系のお約束の差し替えパーツによる変形となっており、両形態での良好なプロポーションと強度を実現しています。ただ、差し替えパーツも多く工程もけっこう大変ですね。

01_201411301717569dd.jpg

トータル的に、かなりレベルが高い傑作キットだと思います。また、たまたま超シンプルなグレーのカラーリングなので好みの色を塗って楽しむにも都合が良いですね。全体的に違った色にして遊ぶも良し、私みたいに部分的に適当な色を入れても手軽に楽しめると思います。


Amazonリンク:
HGUC 1/144 MSZ-006A1 ゼータプラス (ユニコーンVer.) (機動戦士ガンダムUC)

| ガンプラの写真 | 17:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/500-11ff0850

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT