ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

RG 1/144 RX-78GP01 ガンダム試作1号機 ゼフィランサス

RG 1/144 RX-78GP01 ガンダム試作1号機 ゼフィランサス
RG 1/144 RX-78GP01 ガンダム試作1号機 ゼフィランサス

とてもガンダムらしいガンダムですが、ゴツゴツ感が気持ちのいいプロポーションだと思います。

ガンダムGP01ゼフィランサスは「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」に登場するガンダムで、このままでは地上戦専用ですが、コアファイターIIを宇宙用に換装したフルバーニアンという状態にすれば宇宙でも運用できるようになっています。

劇中では、主人公のコウ・ウラキが地上戦装備のまま宇宙空間での戦闘に出て、あわや撃墜という大変なことになったシーンもありました。ウラキのアホさ全開のとてもウザいシーンです(笑)。


キットのお話に移ります。

RGの第12弾という事で比較的新しいキットですから、さすがに素晴らしい出来ばえのよく出来たキットです。執念深さすら感じるハイディティールで、誰がどう組み立ててもカッコ良くなると思います。

パーツの色分けは完璧に近いですが、肩・デコ・背中のセンサーやライフルのスコープのクリアパーツは色の入っていない透明なです。一部のクリアパーツは上にシールを貼るようになっていますが、せっかくクリアなのでシールではなく、クリア塗料で塗ってあげるといい感じだと思います。

コアファイターの挟み込み部分のジョイントのピンが少し短いので接続がちょっと緩いです。ただ、逆さにして飾るというような事でもない限り問題はないと思います。

ちょっと面白いのはシールドの保持方法で、大抵のガンダムやジムのキットでは腕の横に盾を取り付けるようになっていますが、ハンドパーツと一体化されたジョイントパーツを用いれば盾を正面に構えるポーズが自然にとれるようになっています。(もちろん、腕に横にもつけられます)この辺はフルバーニアンと同じですね。

マーキングシールはRGとしてはやや少なめで、必要十分という感じの量になっています。


ここでちょっと、RGゼフィランサスとHGゼフィランサスの写真を並べてみました。写真はクリックで大きくなります。

RG / HG
P1010488.jpg P1010486.jpg

こうして見ると、RGがよく出来てるのは当然と言えば当然ですが、HGの方の頑張りっぷりがけっこうスゴいと思いますね。HGUCゼフィランサスはかなり古い時期に出たキットなのですが、同時期のHGキットと比べるとちょっと浮いてるくらい細かく作られていてよく出来ています。謎の傑作キットですね。


話をRGに戻すと、商品の供給が良いようで、割といつでも安い価格で買える状態になっているのもイイです。それにしてもRGのキット全般に言えることですが、実売価格が安すぎるように感じます。このゼフィランサスなんかは、下手をするとHGと同じような値段で売られてますからね。

いや、安い事はいい事で何の問題もありませんが、ここまで凝って作られたキットなのにこんなに安く売って大丈夫なんかいな?と余計な心配をしてしまいます。


Amazonリンク:
RG 1/144 RX-78GP01 ガンダム試作1号機 ゼフィランサス (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)

| ガンプラの写真 | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/509-d6f0f611

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。