ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII と、色んな1/144ザク

HG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
HG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII
(機動戦士ガンダム THE ORIGIN)

ご存知の通り、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 青い瞳のキャスバル」に登場するシャア専用ザクのキットです。劇中で特に印象深い「ASR-78MS用対艦ライフル」を構えて、今まさにマゼラン級戦艦を撃沈しようとする一幕という画像を作成してみました。

シャア専用ザクの1/144キットとしては、旧キットを除くとHGUC版、RG版に続いて3つ目のキットですが、HGザクもここまで来たかと思わせる素晴らしいキットになっています。

手脚のシャアピンクも、胸部などの濃い目の赤も、ちょっと深みのある渋い成型色になっています。色分けも、脚のスラスターノズル部分を除いては特に何の塗装をしなくても再現されており、誰がどう組み立ててもカッコいいシャア専用ザクが出来上がるようになっています。ちなみに、クサビゲートが多くてパーツを切り離した後の処理も楽になるよう配慮されています。

パーツの合わせ目が露出する部分はスパイクアーマー、前腕、バズーカと対艦ライフルの武装です。腕の外側は合わせ目の上にパーツをかぶせる格好になっているのですが、内側は真ん中にズバっと合わせ目が出るようになっています。そして凹凸が多い部分なので処理しづらいです。このキット唯一の欠点かもしれませんね。

造形面は、全身に渡る精密なモールドが今までのHGザクとの決定的な違いになっています。スミ入れをする人は少し作業が大変かもしれませんが、その苦労に見合ったリアル感を味わえます。また、胸部バルカンがついていますがバルカンなしのパーツも左右分ついているので、バルカンなし、片方だけバルカンつきなど、好みで組み立てられます。

全体的に非常に精密感のある造形で、パネルラインこそパーツ割ではなくモールドですが、関節部のメカ感も含めて遠目に見るとRGのキットかのようです。

HG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)

上半身の可動はかなり良好で、両腕は肩だけではなく胸パーツごと少し角度がつくようになっていてかなり自由なポージングが楽しめるようになっています。ヒジも180度ピッタリたためるくらいですから、大きな武装を両腕で大胆に構えることができます。モノアイでライフルやバズーカのスコープを覗きこむポーズが取れるというのはスゴイですね。

下半身はスカートアーマーがフンドシ部と両サイド4枚独立して開くようになっています。ただし、背中にバスーカを背負った場合それが少し干渉します。足首の接地性は抜群ですから、スタンドを使わなくても自然なポーズでカッコよく飾ることができるようになっています。

そういった良好な可動を、HGならではの頑丈さで存分に楽しめるというのも良いです。ガシガシ動かして遊べます。

付属する武装は、MS用対艦ライフルASR-78、MS用バズーカA2型、ヒートホークです。(ザクマシンガンはありません。)また、バズーカのマガジンが3つ付属し、バズーカ本体に1個、肩シールドの2個取り付けられるようになっています。バズーカはバックパックにマウントして背負うことができます。

対艦ライフルはHGUCヅダについているものよりは少し短いですが、それでも15センチほどある大きなライフルです。またその精密でシャープな造形が素晴らしく、とても見栄えするものになっています。バズーカも従来のキットのザクバズーカよりもかなり大きく、迫力満点です。

マーキングシールがHGキットとしては多めに付属しますが、説明書のサンプルではそれほど貼る部分は多くなくて余りシールがけっこう多く出ます。シャアのパーソナルマークも余りが出ますから、他のシャア専用キットに貼って楽しむのも良いと思います。


さて、現時点でのHGザク決定版といった感じのHGシャア専用ザク・オリジン版ですが、ここで今までの1/144ザクを色々見ることによって、1/144ザクのバリエーションと、キットとしての進化を再確認してみたいと思います。


▼HGUC量産型ザク / HGUCザクII後期型
002_2015052317251131f.jpg 003_201505231725135c1.jpg

HGUC量産型ザクはHGUCのザクとしては初期フォーマットのキットで、HGUCのシャア専用ザクやガルマザクもほぼ同じパーツ構成です。脚部を中心に目立つ合わせ目が多いのが欠点ではありますが、造形面では素晴らしいものがあります。「テレビのガンダムで見たザク」という意味では、このキットは一番イメージに近いです。写真にも写っていますが、個人的にはこの脚に巻きつける陸戦用ミサイルポッドがポイント高いです。

HGUCザクII後期型(ザクII-F2)は、0083に登場するザクの立体化ですが、量産型ザクと比べるとかなり後になってキット化されましたから、長足の進歩を遂げています。小顔でスラっとしたプロポーションですから、ファーストガンダムのザクという感じではないですが、ほとんど合わせ目の露出しないパーツ分割や関節部の改良による良好な可動など文句のつけようのない名作キットです。

細かいところでは、ザクのキットでは必ずといっていいほど露出している前腕部が合わせ目がこのキットにはありません。パーツ割が左右ではなく前後になっていて、合わせ目が段差のあるパネルラインに収まっています。デザイン上のこともありましょうが、個人的にはザクの腕はコレでいって欲しいと思っているのですが。


▼HGUCザクII改 / HGUC高機動型ザク
006_201505231750159f6.jpg 004_20150523175014f10.jpg

HGUCザクII改はポケ戦に出てくる改良型のザクで、MS-06の形式番号の機体としてちょっと異色なデザインです。胸部の角ばった形と赤くて腹の真ん中にあるコクピットハッチが他のザクとは違います。メイン武装も丸いマガジンのついたザクマシンガンではなく、MMP-80マシンガンです。キットではこのマシンガンの巨大さが印象的で、個人的には好きです。個性的ですから、キットとしてはちょっと好みが分かれそうですが、デキはいいです。

高機動ザクは、写真のシン・マツナガ機の他に黒い三連星機、ジョニー・ライデン機の三種類がHGUCでキット化されており、若干のパーツの違いや付属マーキングシールの違いこそありますが全て同じフォーマットのキットです。けっこう新しいキットですから非常にデキがいいです。黒い三連星やMSVのマツナガやライデンの専用機ということで、思い入れがある人にとってはたまらないキットになっています。


▼HG量産型ザク(サンダーボルト) / HGUCザクマリナー
007_201505231758011ce.jpg 008_2015052317580303f.jpg

HG量産型ザク(サンダーボルト版)は1/144のザクとしては、今回紹介したシャアのザク・オリジン版の次に新しいキットになりますから、キットのデキとしては申し分なしです。巨大なバックパックや関節部やパイプのシーリングに目が行きますが、実はそのガッチリと逞しい体型が一番の特徴です。個人的には、このキットのパーツ流用で普通のザクを出して欲しいな・・・なんて思います。

HGUCザクマリナーはZZに出てくる機体です。アクシズ所属の機体ですから、MS-06でははなくRMS-192Mという型式番号になっています。この機体がHGUCでキット化されるとは思っていませんでした。ちょっと変わり種のザクですが、発売時期はけっこう最近ですから良く出来たキットです。小顔、痩身のスラっと体型が特徴で、けっこう強そうなデザインですね。立体的な部分の上に色分けシールを貼るところが多いのが欠点ですが、このくらいは部分塗装してもそれほど負担にはならない程度ですね。


▼RG量産型ザク
005_20150523180753164.jpg

RG量産型ザクは1/144ザクの究極と言えるキットです。いわば”外骨格”のHGキットに対して、内骨格のような構造のアドバンスドジョイントはMSの設定で言うとムーバブルフレームみたいなものですから、実際のザク(?)を超えた構造を持ったキットです。

モノアイカバーのクリアパーツや色の濃さに微妙な差をつけてあるパーツ分割によるパネルライン表現など、これでもかと言わんばかりの精密さです。このキットが非常に財布に優しい価格で買えるんですから現代のガンプラファンは幸せです。メカ感、精密感、金属感が素晴らしく、圧倒的な可動範囲も含めてまさに究極のザクですね。

体型はちょっと細身な印象で、特に脚が細い感じです。この辺は好みが分かれるところかもしれません。個人的にはHGUC量産型ザクみたな丸こい体型の方が好きですね。


こうしてザっと見てみただけでも、なかなかのバリエーションです。それぞれ買い揃えてただ組み立てるだけでもじゅうぶんに楽しめますし、大量生産されたという設定のMSのキットですから、色を塗り替えたり改造したりと、無限の楽しみがありますね。

011_20150523181902050.jpg 010_20150523181901ee9.jpg


Amazonリンク:
HG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)

| ガンプラの写真 | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/517-b8bb9645

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT