ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

1/550 MAN-03 ブラウ・ブロ (旧キット)

1/550 MAN-03 ブラウ・ブロ (旧キット)

1/550 MAN-03 ブラウ・ブロ (旧キット)

ブラウ・ブロは機動戦士ガンダムの劇中で、”元祖木星帰りの男”(?)シャリア・ブルに与えられたサイコミュ搭載・ニュータイプ専用モビルアーマーです。

サイコミュ制御を使いこなせるニュータイプであれば一人で操縦と攻撃ができますが、コクピットは複数人が搭乗できるようになっており、操縦と各メガ粒子砲の操作を分担すれば一般パイロットでも運用できるようになっています。機体の初登場時にはシムス中尉が部下と一緒の乗っていたと記憶しています。

キットは一時品薄になっていたようでとんでもない価格になっていましたが、再販されたようでまともな価格で入手できたので組み立ててみました。

ストレートに組み立てただけですが、グレーの部分をダイソーの100均缶スプレーでシルバーに塗ってみました。案外似合う感じになったと思います。缶にはツヤアリと書いてあったのですが、程よいフラット感のある塗料だったようで、それが丁度よかったと思います。


キットのお話に移ります。

可動部位の少ないモビルアーマーということで、組み立てにはそれほど時間はかかりません。しかし、旧キットということでパーツの合わさりという面でちょっと大変です。最新のキットばかり組み立てて甘やかされている私などには、なかなか難儀な作業でした。

ボディ部とブースター部は、当然内部フレームなどはありませんから、フレームに外装を取り付けていくのではなく、外装パーツを直接貼りあわせてハリボテ状の立体を作るという工程ですから、なかなか大変です。

見えない裏側をテープ止めで補強した上でひとつひとつ接着していきましたが、キッチリとは合わさりませんでした。細かいことはいいじゃないかの精神で乗り切りましたが、右ブロックが厳密に言うと少し歪んでいる状態になっちゃいました。

1/550 MAN-03 ブラウ・ブロ (旧キット)説明書と塗装図
1/550 MAN-03 ブラウ・ブロ (旧キット)説明書と塗装図
1/550 ブラウ・ブロ 説明書と塗装図

造形面では、個人的には満足度100%です。素晴らしいと思います。ボディにはかなり細かいモールドがたくさん刻まれています。旧キットだと眠たいモールドのキットも少なくありませんが、このキットの場合はクッキリとしたモールドになっていますから、スミ入れする場合はどんな方法だろうとやりやすいと思います。

パーツは一応2色成形になっています。上の塗装図の(横向きになってますが)左の1枚のランナーは薄紫で、右2枚がグレーになっています。元々ほとんどグレーの機体ですから、塗装せずともそれなりに見れる感じにはなると思いますが、パーツ構成的に塗りにくい部分は少ないと思います。

同一パーツ内での塗り分けが必要な箇所(吹付け塗装の場合マスキングが必要な箇所)は胴体上部の窓と黒いポッチや、脇腹のエラっぽい部分になりますが、モールドや段差がある部分なのでかなり楽な部類だと思います。

こういう機体なのでいわゆる可動部分はありませんが、一応分離したり合体したりという遊びはできるようになっています。4本の腕についている有線メガ粒子砲は、中にリード線を仕込んで少しだけ伸ばせるようになっています。しかし、3センチくらいしか伸びませんから、劇中のようなシュイーンと伸びた感じは再現できません。

その部分には、固定支柱という謎パーツがありますが、接着して使うのでそのパーツを使って組むか、リード線を使って組むかを選んで組み立てるという仕様になっています。

ちなみに、長いリード線を用意してそれを腕の中からさらに胴体の中まで入れ込むように組み立てれば、長く伸びる有線メガ粒子砲を再現できると思いますが、あんまり線が長いと砲の重みで線がテローンとなってしまいますから、それ用のスタンドも用意しないといけませんね。

1/550 MAN-03 ブラウ・ブロ (旧キット)
1/550 MAN-03 ブラウ・ブロ (旧キット)

それから、劇中では出てきませんでしたが設定上、脱出機構としてボディが分離できるようになっており、それもこのキットでは再現されています。しかしその接続パーツと受けの穴のサイズ的に、スナップフィットよりもさらに固いくらいカッチカチですから、一旦差し込んだら容易に外れません。

着脱自在にするには、接続パーツを細工しないとダメですね。軟質のポリキャップみたいな材質でなんとか作るとか、柔らかい材質のもので代用になるものを探して使うことができれば理想的だと思います。まあ、分離したところでカッコ良いとは思いませんから私はやりませんけど。

オマケとして、ディスプレイスタンドと1/550のちっちゃいガンダムがついています。細かい色分けが大変ですが、1/550ガンダムと並べて飾るとブラウ・ブロの巨大感を実感できると思います。ちなみに私は塗り分けて組み立てる気は全くないです(笑)。


総合的に見て、大きくて迫力がありますし、造形が素晴らしいですからとてもお気に入りのキットになりました。しかし、組み立てのやりにくさもなかなかのものです。旧キットのMAはアッザム、ビグロ、グラブロなどを組み立てましたが、このブラウ・ブロが一番面倒でした。とにかくボディのハリボテの貼りあわせが大変なんです。

しかし、カッコ良さはピカイチですね。こういう機体ですから好みが分かれるところで、万人にオススメできるかどうかは別ですが、なかなかの名作キットだと思いました。


Amazonリンク:
1/550 MAN-03 ブラウ・ブロ (機動戦士ガンダム)

| ガンプラの写真 | 22:49 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

旧キット

旧キットの戦艦 戦闘機 戦車 系は、素晴らしい出来ですよねー 最新キットにも 負けて無いと思います。 が、… 最新キットのぬるま湯に 使ってる自分は、 先日 マゼラアタックを 組むのに かなり苦労しました 💦 パーツ合わせ目のズレや 接着剤のつけ過ぎ など 修正が、苦労しました 完成すれば 苦労など 吹き飛びますがね 笑 できれば 戦艦系やサポートメカの新しいキットの 発売を 強く願っております お願いいたします BANDAI さん 笑

| ダイタケ | 2015/08/21 13:30 | URL |

ちなみに 旧キットのムサイは、ジオン公国より多く 所有してるかもです。 笑笑

| ダイタケ | 2015/08/21 13:36 | URL |

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

>できれば 戦艦系やサポートメカの新しいキットの 発売を 強く願っております お願いいたします BANDAI さん 笑
まったく同感です。HGでベースジャパーも出ましたし、気長に待っています。
ムサイの旧キット良いですよね。個人的には旧キットの中でも出色のカッコ良さだと思っています。

| タグ(サイト管理者) | 2015/08/21 19:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/529-07da66d0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT