ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

HG ガンダムバルバトス 

barbatos.jpg
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトス

この記事を書いている2015年11月現在、放映されているガンダム最新作の「鉄血のオルフェンズ」に出てくるガンダムバルバトスです。物語序盤の地上戦がとても印象的でしたから、そんなイメージで画像を作成してみました。

サンダーボルトのアトラスガンダムを思わせる細身でメリハリの効いたデザインのガンダムですね。腰の部分はほとんど鉄骨だけで繋がっているような状態です。そういえばメタスもこんな感じでした。

ストレートに組み立てただけですが、赤、青、黄色の部分をメタリック塗料で筆塗りしてみました。それから色分けが足りていない足のつま先と脚の後ろ側、サイドアーマー、顔などを部分塗装しました。


キットのお話に移ります。最新のHGキットということで信頼して買いましたが、期待通り欠点のない傑作キットだと思います。

ガンダムフレームという設定が活かされていて、HGでありながら内骨格構造になっています。フレーム状の内部構造の上に装甲板をかぶせていくという工程で組み立てするようになっており、さすがにその内部構造も凝った造形をしていて装甲板の間から見える部分もとてもカッコいいです。

パーツ分割とホイルシールでかなりのところまで色分け再現がされていますが、一部再現できていないところがあります(肩アーマー、バックパック、足のつま先、顔)。ただ、そのまま組み立ててもじゅうぶんに見栄えのするものになっていると思います。パーツの合わせ目が露出する部分もほぼありません。(手首部分のみ)

写真の状態は肩アーマーがついた「第4形態」と呼ばれる状態で、なんとなくこれがバルバトスの「正装」という感じがしますね。ちなみに第1形態は最初に出撃した時の状態で、肩の内部フレームがむき出しで、左腕にガントレットがついた状態です。第2~第3はよくわからんです。

001_201511281908200e1.jpg

004_201511281908185c0.jpg

002_20151128190817511.jpg

肩アーマーは着脱自在で、ガントレットのついた左腕は形状も微妙に違うのですが、予備パーツとして左腕一本が丸々ついているので、パーツを分解して組み直したりする必要はありません。二の腕から下から手首の手前までが丸々もうワンセットついています。

武器は写真で構えているメイスと、木刀みたいな太刀が付属します。劇中では主に宇宙へ上がってから使っている滑空砲は別売りになっています。HG MSオプションセット1&CGSモビルワーカーという武器セットに入っています。(私はバルバトスと一緒に買いましたが、まだ組み立ててません。)

総合的に見て、やや色分けが不足な部分があって、全くの無塗装よりも部分塗装のひと手間をかけた方が良いという面こそありますが、異様な低価格(この記事を書いている時点で、800円以下で売られています。)もあわせて考えるとものすごいキットだと思います。


Amazonリンク:
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトス 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ MSオプションセット1&CGSモビルワーカー 1/144スケール プラモデル
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ MSオプションセット2&CGSモビルワーカー(宇宙用) 1/144スケール プラモデル

| ガンプラの写真 | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/542-6b820b2b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。