FC2ブログ

ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

HGUC MS-07B3 グフカスタム(デザートカラー)

HGUC MS-07B3 グフカスタム(デザートカラー)
HGUC 1/144 MS-07B3 グフカスタム(デザートカラー)

ひとつ前の記事で紹介したガイアノーツ EP-01 イージーペインターを使って全塗装してみました。使い勝手と仕上がりを検証する実験のようなものです。

厳密にはイージーペインターではなく、それと全く同じ製品で安価なソフト99(SOFT99) スペアキャップ エアータッチ専用スペアキャップ 09036を使ったものです。缶スプレーとほとんど同じ感じで塗装できる製品です。缶スプレーと違うのは、自分の好きな色を調合して使えるという点で、なかなか画期的だと思います。

缶スプレー感覚ですから当然細く吹き付けるようなことはできませんから、パーツをひとつひとつ塗っていたら、大量の塗料を消費することになると思います。ですから、ランナーごと一気に塗って、後から切り離したゲート跡部分を筆塗りで補修という方法を取りました。

HGUC 1/144 MS-07B3 グフカスタム(デザートカラー)

前の記事にも書きましたが、塗料の濃度調整さえキッチリやっておけば、缶スプレー感覚で手軽に塗装がきます。濃度はだいたい塗料と溶剤を1:1くらいでいいと思います。薄い色の場合は少し濃い目にしておけばより作業しやすいと思います。その辺は適宜調整という感じですね。水性塗料の場合、スプレーキャップも水洗いできますから、本当に手軽です。

今回は実験という意図がありましたので、全塗装してみましたが、1/144程度の大きさのキットだったら筆塗りに慣れている私としては手間感は筆塗りと大差なかったですね。ただ、簡単にムラなく塗ることができるということで、そういった面ではとてもラクです。

詳しくはひとつ前の記事をご覧ください。


Amazonリンク:
HGUC 1/144 MS-07B3 グフカスタム (機動戦士ガンダム 第08MS小隊)
ガイアノーツ EP-01 イージーペインター
ソフト99(SOFT99) スペアキャップ エアータッチ専用スペアキャップ 09036

| ガンプラの写真 | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/552-4b873971

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。