ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HG 1/144 ガンダムグシオンリベイク (滑空砲装備)

HG 1/144 ガンダムグシオンリベイク (滑空砲装備)
HG 1/144 ガンダムグシオンリベイク (滑空砲装備)

地上戦で映えるグシオンリベイクと、ちょっと不気味な感じすらする隠し腕が気に入りましたので、そこからイメージして画像を作成してみました。

今回、劇中で印象的だった滑空砲を持たせてみました。滑空砲はMSオプションセット1&CGSモビルワーカーに入っているもので、どうせなら2丁持ちさせたかったのですが、Amazonだと「お買い合わせ対象」というヤツだったので今回はグシオンのキットに付属のロングレンジライフルとの2丁持ちということにしました。


ガンダム・グシオンリベイクは、「機動戦士ガンダム 鉄血ののオルフェンズ」に登場するモビルスーツで、操縦者の明弘・アルトランドにとって因縁浅からぬグシオンを鉄華団が鹵獲し、テイワズの技術で改修された機体です。

第21話では海上の艦隊に向かって滑空砲を撃ったり、対MSの格闘戦では隠し腕を出したりととても目立っていました。しかし、その21話はストーリー的にインパクトが大きすぎて活躍の印象が少し霞んでしまった感もありますね。


キットのお話に移ります。

鉄血のオルフェンズのHGキットはどれもビックリするほど出来が良いのですが、その例に漏れずHGグシオンリベイクも気合の入った傑作キットになっていると思います。さらに隠し腕ギミックや照準モード用ヘッドパーツなど豪華なんですが、価格も安く押さえられています。

ガンダムフレームの機体ということで、バルバトス系のプロポーションですが、巨大なリアスカートアーマーや、シナンジュを思わせるバックパックなど、豪華なイメージになっています。脇役機としては決定版といった感じの派手さですね。それでいてクリーム色を基調としたカラーリングが渋いです。

P1011842.jpg

このカッコいいプロポーションを可動範囲を犠牲にせず存分に再現できていると思いますから、グリグリ動かして遊べると思います。ただし、後ろが重いバランスなのでポージングによっては自立させるのが難しい場合もあります。

また、武器の保持力に問題はありませんが、ロングレンジライフルにしても今回オプションで持たせた滑空砲にしても、それほどガッチリとホールドできている感じはないです。滑空砲は勝手に私が持たせただけなのでともかくとして、キット付属のロングレンジライフルはグレイズ系のキットにあった腕への固定機構がありません。このライフルはフォアグリップも固定で、造形はいいのですが、正直ちょっと手抜き感があります。

隠し腕はスライド機構+通常の腕という仕組みで、収納、引き出し自在でなかなか良く出来たギミックです。ジ・オやアドバンスドヘイズルの作業アームみたいな隠し腕と違って、グレイズ系の腕がそのままバックパックのウイングの中に入っている感じですから、両方出すと4本腕という感じでちょっと気持ち悪いくらいです(笑)。

ただし、隠し腕は前後には動きませんから、劇中のように敵に向かってアックスを振り下ろすようなポーズはちょっと無理ですね。写真では、左腕は隠し腕を出した状態で、右は収納した状態です。

HGグシオンリベイク 隠し腕

P1011840.jpg P1011845.jpg

肉厚で豪華なリアスカートアーマーは、取り外して接続パーツの取り付け位置を差し替えて腕につけてシールドにすることができるようになっています。ここまで豪華なギミックを低価格のHGで実現していることには脱帽という感じです。

クサビゲートが多く、非常に組みやすいキットになっていますので、誰がどう組んでも簡単にカッコいいグシオンリベイクになります。ただし、色が足りていない部分が多くて、大量のホイルシールで色分けフォローしてあります。しかし、シールによる色分け部位は立体的な部分を包むように貼るとことが多くて、正直ちょっと無理があります。

私は顔のツインアイとセンサー部のメタリックグリーン部分以外は部分塗装で対応しました。段差やモールドに沿った部分塗装となりますので、それほど難しい部分はありませんが、箇所が多いので時間がかかりました。しかも、白で塗るところが多いのでちょっと大変かもしれませんね。私は作業性も重視して白の部分をシルバーで塗ってしまいました。

通常状態のヘッドパーツの顔部分は、ツインアイはもちろんマスク部分も含めて顔パーツのほとんどをシールで覆う格好です。これもちょっと無理がありますね。私はツインアイ部分だけシールを使って、それ以外の部分は塗って対応しました。

パーツの合わせ目は、肩、前腕、パックパックのウイング、武器に出ますが、正面から見て目立つという部分は特にありません。私は一切処理しませんでした。

通常状態はガンダム顔ですが、狙撃用に照準モードという状態の頭部形状があり、ここは変形機構はなく、差し替えとなっています。しかし、パーツを差し替えるのではなく、照準モードの頭部がまるごとついているというのが親切です。顔ごと取り替えることで変形を再現しています。

P1011841.jpg P1011844.jpg

豪華ギミックつきで非常に満足感の高いキットですが、色分けの不足だけがちょっと困った点ですね。ただ、これはキットの問題というより元々の設定色が細かく分かれすぎているという事です。この色分けをパーツ分割で再現となると、HGではなくて上のグレードじゃないと無理ですね。

総合的に見て、お買い得度の高い傑作キットです。この記事を書いている2016年3月現在で、だいたい1000円未満で買えるくらいですから、キットの内容を考えるとちょっと考えられないくらい安いと思います。


Amazonリンク:
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムグシオンリベイク 1/144スケール 色分け済みプラモデル

| ガンプラの写真 | 01:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/556-322ea957

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT