ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

HGUC 196 グフ (Revive) デザートカラー

HGUC 196 機動戦士ガンダム グフ(デザートカラー)
HGUC 196 グフ 1/144 (デザートカラー)

遅ればせながら、リヴァイヴ版のグフをようやく組み立ててみました。砂漠仕様ということにして、デザートカラーに塗ってみました。

ファースト・ガンダムの劇中では、ザク相手なら戦いに自信を持ち始めたガンダムのアムロの前に新型として現れ、ランバ・ラルの操縦技術とともにガンダムを圧倒するという衝撃的な登場が印象的です。ジオンのMS開発の底知れなさを表現すると同時に、アムロの天狗の鼻を折るという役どころですね。その第12話のタイトルの「ジオンの脅威」というのもまた奮ってます。


キットのお話に移ります。

旧版HGUCでもなかなかカッコいいキットだったグフですが、発売時期的にはHGUCの最初期に近いあたりでしたので、最新のキットと比べるとちょっと物足りなさを感じていたことも確かです。

HGUCの最初期には、当然のごとくそういった人気機体のキットが数多いですから、Reviveという企画には諸手を上げて賛同しますし、いくつかのRevive版キットを手にとって見たところ、その期待を裏切らないデキの良さに感心しています。

その例に漏れずこの新HGUCのグフも入魂の傑作キットです。キットとしての基本的なデキもさることながら、非常にお得感が高いこともポイントだと思います。(後述)


まず、旧版との違いとして目につくところを上げてみます。

かなり昔のキットと最新に近いキットですから違うのは当然と言えば当然ですが、まずは可動範囲が著しく向上しました。腕脚の関節や肩の引き出しなどは現代のHG基準といった感じですし、旧版では一体成型で全く動かなかった腰ももちろん動くようになりました。

細かいところでは、フィンガーバルカンの方の指が付け根で曲がるようになっているので、ソードを持つ右手に添えても違和感がない形をとれるようになりました。

DSC_0005_20160618213249ddf.jpg

そして、旧版ではシール再現だったコクピットの三角窓はクリアパーツになりました。HGUCグフカスタムと同じ感じですね。

武装は軟質素材で自由に曲げられるヒートロッドと、ヒートソードが2本ついています。ヒートソードは右手用、左手用それぞれ1本ずつで、二刀流で持たせることもできます。バルカンの左手はヒートソード持ち手用の握った形の差し替えパーツがついています。

ちなみにヒートソードは、実体剣という設定という説もあれば、劇中では刃のない取っ手からブオンとビームソード的な刃が出てくるというシーンもあり、実際のところよくわからないんですが、今回のキットでは刃がクリアパーツになっており、なかなか高級感があります。大きさも大きめに作られていて、アニメの絵に合わせるというより迫力重視ですね。

DSC_0009.jpg


ちなみに、ランバ・ラルではなく一般パイロットが乗っているシーンでは劇中でも持っていたザクマシンガンは今回のキットには入っていません。

元々色数の少ない機体ですが、ほとんど何の塗装も施さなくてもアニメ通りの色になるよう色分け再現されています。より再現度を上げるために部分塗装が必要な箇所とすれば、脚部のスラスターの内側、シールドの裏側くらいですかね。

旧版では盾のパーツ内での塗り分けが必要でちょっと面倒でしたから、ちょっと嬉しいです。また、パーツの合わせ目は目立って露出するのは肩アーマーくらいですから、説明書通り組むだけでかなりのレベルのグフになります。

DSC_0003_2016061821325074e.jpg

シールドは腕にマウントすることもできますが、取っ手を起こして握り手で保持して前へ出して構えることもできるようになっています。案外これができるHGキットは少ないのですが、この仕組だとポージングの幅も広がりますね。


全体的に、余計なアレンジを加えずに、グフらしいスタイルを保ったまま細部を徹底バージョンアップさせた、そんな印象を持ちます。

そこにソード2本や、構え方を選択できるシールド、さらにそれを再現するフィンガーバルカンの握り手パーツなど、安価なHGキットとしてはかなりのサービスだと思います。ただデキの良いキットというだけではなく、実際に飾ったり動かして遊んだりする場合に嬉しい付属品の充実ぶりにオトク感があります。


ちなみに、今回はデザートカラーに塗ったので、今度はアニメ通りの青でも組み立てみたいので多分もう1個買うと思います。安いですからね。


Amazonリンク:
HGUC 196 機動戦士ガンダム グフ 1/144スケール 色分け済みプラモデル

| ガンプラの写真 | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/562-0b019d0a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。