ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HGUC 194 ガンダムMk-II (Revive・ティターンズ仕様)

gundammk2.jpg
HGUC 194 ガンダムMk-II (ティターンズ仕様)

毎度おなじみのガンダムMk-IIですが、HGUCのリヴァイブで早々にリメイクされました。人気機体だけに、旧版HGUCでも早めにキット化されましたから、旧版の方は今のガンプラと比べるとちょっと物足りない面がありました。まさにリヴァイブにうってつけの機体だと思います。

HGUCリヴァイブ・マークIIはエゥーゴカラー、ティターンズカラーが同時に発売されましたが、今回はティターンズカラーを組み立ててみました。

ストレートに組み立てて、少し部分塗装として、手持ちのデカールをちょっと貼って、つや消しクリアーを吹き付けただけですが、キットのデキが良いのでなかなか見栄えします。誰が組み立ててもカッコよくなるキットです。


キットの内容をひと言で表現すると、HGとして欠点が見当たらないといった感じです。

旧版HGUCバージョンと比べて最も進歩しているのが、ほとんど合わせ目が露出しないように工夫されたパーツ分割です。最近のHGキットはどれも合わせ目に配慮されたものばかりですが、それでも腕のド真中に合わせ目が出るなんていうキットもあります。

そんな中、このMk-IIは頭部が前後に分割されている部分以外は、本体に目立って露出する合わせ目が全くありません。(ライフル、バズーカはモナカ分割です。)ほぼ全ての合わせ目は段差やエッジに逃がしてあります。

少し旧版と比べてみると、左がリヴァイブ・Mk-II、右が旧版Mk-IIですが、プロポーション的には大差ありません。旧版の方でも、当時のHGとしてはちょっと異色な感じがするほどメリハリが利いた、今のHGに近い感じのプロポーションでしたからね。全体的な印象としては、リヴァイブ版はディティールが細かくシャープになっていることもありますが、鋭角的でゴツゴツした感じを受けます。

001_201607170928373bc.jpg

パーツの色分けは、HGとしてはこれ以上できないくらいですね。

そのまま組み立てても違和感なく出来上がると思います。ただし、肩と脚の黄色いスラスターの内側だけは黒っぽく塗ってあげるといい感じになると思います。

また、これは私の好みの問題ですが、薄グレーの関節のランナーにライフル、バズーカがついていますから、当然武装も薄グレーです。アニメに忠実という意味ではこれでいいのですが、個人的には武器はもうちょっと濃い色の方が好きなので、今回はガンメタルで塗っておきました。

欠点と言えるかどうかわかりませんが、ハンドパーツが握り手が両手分だけで、平手の予備などがありません。ライフルやバズーカを持つのも人差し指が出ているタイプではなく、グーの手に持たせるようになっています。(ホールド感はガッチリで保持に問題はありません。)

DSC_0007.jpg

DSC_0008.jpg

ちなみに、ティターンズ仕様には、01・02・03の数字のマーキングシールが大中小1枚ずつつきます。ティターンズのマークも欲しかったところですが、ちょっと欲張り過ぎですかね。安いキットですし。

欠点も少なく、カッコ良く、実売価格も安めで良いキットなのですが、元も子もないことを言ってしまえば、1/144にはRG版があり、そのRG版のデキが素晴らしすぎる上に、実売価格もちょっとおかしいと思えるほど安いので、リヴァイブHGUCのMk-IIは若干存在価値が・・・という面がないでもないです。

ただ、ストレートに組むだけならあっという間に出来上がりますし、気軽に時間をかけずにカッコいいMk-IIが手に入るというところで意味はあるキットですね。(ちょっと苦しいか)

Amazonリンク:
HGUC 194 機動戦士Zガンダム ガンダムMk-II (ティターンズ仕様) 1/144スケール 色分け済みプラモデル
RG 1/144 RX-178 ガンダムMk-II (ティターンズ仕様) (機動戦士Zガンダム)

| ガンプラの写真 | 09:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/563-72893701

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT