ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HG THE ORIGIN MSD 局地型ガンダム 海洋試験

rx7801n.jpg
HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 局地型ガンダム

局地型ガンダムは、オリジンMSDの企画から生まれたモビルスーツです。

昔のMSVと同様に、MSDも説明書の設定解説を読むのが楽しみのひとつですね。その解説によると、形式番号RX-78-01[N] 局地型ガンダムは、テム・レイを中心としたMS開発によって生まれたガンダムの性能試験と並行して、地球環境での耐久テストを行うために作られたテスト機です。

この機体から得られたデータはサイド7に送られ、RX-78-02ガンダムに反映されたとのことです。また、MSの実戦配備を急いだ陸軍の要請で陸戦型ガンダムやアクア・ジム、水中用ガンダムといったMSが生み出されましたが、これらの機体も局地型ガンダムのデータや余剰パーツを用いたものだということです。


キットのお話に移ります。

地上戦用のガンダムといえば陸戦型ガンダムが思い出され、もちろんHGキット化されていますが、デザインコンセプトからして違った感じですね。肩アーマーこそ陸戦型ガンダムやEz-8と同型ですが、RX-78に近い雰囲気になっています。

キットの成型色は真っ白に近い白ですが、なんとなく陸戦仕様をイメージしてタン系の色で塗ってみました。青い部分もミディアムブルーにして、渋い方向を目指してみましたがどうでしょう。


DSC_0039_201610091800406cb.jpg

もちろん色分けもパーツでしっかりなされているので、特に塗装をしなくても箱絵などのイメージ通りに出来上がるのは現代のガンプラの例に漏れないのですが、なにぶんにも白いキットは変色しやすいですから、その対策として塗ったという意味もあります。

ちなみに白いキットでもすぐには変色しませんが、数年単位で置いておくとどうしても色のくすみや黄ばみが出てきてしまいます。トップコートで表面を保護しようと、それは避けられませんね。色の濃いキットの場合変色があったとしてもほとんど気になりませんが、ここまで白いところが多いキットだとちょっと厳しいかなと思います。

パーツによる色分けで大半はOKなキットですが、股間のVマーク、頭部センサーはシールによる色分けになっています。(なぜかマシンガンのセンサー部はシールがついてません。)また、ガンダムのHGキットのお約束として、顔の横の穴(?)のところは黒を入れてあげると見栄えが良くなります。


付属武装はマシンガンとビームサーベル、陸戦シールドになります。私としてはこのマシンガンとシールドをおおいに気に入りました。

マシンガンはジム系のHGキットについているようなマシンガンと比べて大きく、迫力のあるものになっています。フォアグリップが可動し、もちろん優秀な腕周りの可動範囲によって両手持ちポーズもキマります。

シールドは陸戦型ガンダムなどと同じ形の陸戦シールドですが、完全に新規造形されていて少し大きめで、厚みもあり迫力があります。裏面も凝った造りで、上の取っ手(?)のところも別パーツの裏面の一部なので、パーツで色分けされています。もちろんスタンドを起こして地面に立てることができるギミックは健在です。

ビームサーベルの取っ手は左腕かシールドの裏に2本マウントできるようになっています。

DSC_0043_20161009180043c98.jpg

感心するのは、大量についているカッコいいリアル志向のマーキングシールです。ドム実験機と同様に、RGを彷彿とさせるラインのシールによって非常にカッコよくなります。貼るのはひと手間ですが、それに見合ったカッコ良さがありますね。

THE ORIGINという作品自体がリアル感を志向したものですから、そもMSDも独特の渋い雰囲気を持っていますね。私が組み立てたのはドムとこの局地型ガンダムだけですが、ロボットヒーローアニメというコンセプトとはまた違った楽しさがあります。

こんな渋い、しかも試作機という設定の、劇中には登場しない機体がキット化されるというんですから、考えてみたら思い切った企画ですね。キットのデキによほど自信がないと世に送り出せないと思います。


HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 局地型ガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

| ガンプラの写真 | 18:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/566-f8080c2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT