ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HGM 1/550 MA-06 ヴァル・ヴァロ (メタリック)

HGM 1/550 MA-06 ヴァル・ヴァロ
HGM 1/550 MA-06 ヴァル・ヴァロ

発売から10年以上経つキットですが、縁があって入手できたのでメタリックに塗って組み立ててみました。

ヴァル・ヴァロはガンダム0083に登場するモビルアーマーです。一年戦争時に試作されたものの実戦投入されなかったという設定になっています。

0083の劇中では、「ちょっといい話」的なところで登場する元ジオン軍パイロットのケリィ・レズナーが搭乗して、ガンダムGP01フルバーニアンと戦闘して撃破されています。

ゲームの「ギレンの野望アクシズの脅威V」などにも登場し、なかなか強力なモビルアーマーとしてそれなりに活躍の場があります。アッザム・リーダーと同じようなプラズマ・リーダーを搭載しており、機体後部のそら豆みたいな部分がそれです。

HGM 1/550 MA-06 ヴァル・ヴァロ

HGM 1/550 MA-06 ヴァル・ヴァロ

キットのお話に移ります。

古いキットで、ガンプラの区分としてはHGM(High Grade Mechanics)です。(HGMはこのヴァル・ヴァロとノイエ・ジール、デンドロビウムくらいしか出てないと思います。)

アマゾンの商品ページで見る写真や、その他ネット上にアップされている写真を見た限り、そんなにカッコ良さそうに見えなかったのですが、実際に組み上げてみたら案外良かった、いや、思ってたより数段良かったというのが正直なところです。

パーツ数もそう多くないのですが、巧みなパーツ分割で想像以上に立体感があり、迫力のある造形になっています。


新しいキットと比べてパーツの合わせ目が露出する部分があるのですが、モビルスーツのキットと違って、それほど気にならないというのが正直なところです。

しかし、腕は完全にモナカ割りで、こういう形状で合わせ目もモールドにかかっていますから、気になる人は大変かもしれません。私の技術ではここの合わせ目処理は不可能です。

色分けは、元々の色数が少ないので2色成形ながらほとんど再現できています。モノアイレールの黒、モノアイの緑、腹の小さな動力パイプのグレー、バーニアノズルの内部の赤に色を入れれば完全だと思います。

しかし、正直言って成型色のままで組むとちょっとキツイかなと思います。赤はともかく、グレー部分が安っぽい薄いグレーで、厳しいです。

ちなみにモノアイ用の丸シールなどは付属していないので、モノアイのグリーンの再現にはちょっと細かい塗りが必要です。

私はない知恵を絞って、モノアイレールを慎重に削って、そこに他のキットのクリアグリーンのビームサーベルの先端を仕込んでみました。ほとんど見えない部分ですが、こういうところでの自己満足を楽しむこともガンプラの醍醐味のひとつだと思いますよ。

HGM 1/550 MA-06 ヴァル・ヴァロ

腕の伸縮はパーツ差し替えで再現です。手先のザリガニのハサミは長い方の刃がちょっと伸縮し、もちろんハサむ動きもできる、なかなか凝ったものになっています。案外ハサミ部分のパーツ数が多く、こだわりを感じます。

腕自体はちょっとだけ動きますが、それほど自由には動かせないです。左右の角度についてはちょっと調整できる、その程度の可動範囲です。(前後はぐるっと動かせるので、腕を後ろに回すこともできます。)

帽子(?)部分もちょっと動きます。写真では少し開けてモノアイを露出した状態にしてありますが、パタンと閉じてしまうこともできます。ホンのわずかな可動ですけど。

口の部分もモンスターみたいにパカっと左右に開くようになっており、中からメガ粒子砲が顔を出すようになっています。ここの仕組みがシンプルすぎて、ちょっと開閉しにくいという面はあります。

おまけとして、フルバーニアンとサイサリスの1/550ミニフィギュアがつきます。白一色で、ちっちゃいガンダムを塗る根気もありませんから、私はランナーから外すことすらしていません。ちなみに接着剤を使って組み立てるようです。

こういう形状のモビルアーマーのキットということで、簡易的なディスプレイスタンドも付属します。

ディスプレイスタンドの軸がちょっと太くて(つまり、それを受ける本体側の穴も大きい)、試したわけじゃありませんが、アクションベースを使いたい場合、棒状のアタッチメントがそのままだとゆるくてうまく使えないんじゃないかと思います。


まとめると、組んで見ると案外カッコ良く、写真で見るよりも手にとって立体として見ると魅力がよくわかる、そんなキットです。

古いキットですから、最新のキットと比較するのは酷ですが、ポイントを抑えてありますから、組みやすくカッコいいまずまずよく出来たキットだと思います。

ただし、この記事を書いている時点で900円~1100円ほどで売られているんですが、最新のHGキットと同じくらいの値段は若干割高感があります。そこまでベラボーに高いわけでもありませんけどね。


Amazonリンク:
HGM 1/550 MA-06 ヴァル・ヴァロ (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)

| ガンプラの写真 | 12:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/578-1155618d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT