ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HG ガンダムバルバトスルプス 1/144

HG ガンダムバルバトスルプス 1/144
HG ガンダムバルバトスルプス 1/144

ガンダムバルバトスルプスは「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場したモビルスーツです。

バルバトスの形態としては、「鉄血」の第2期の前半、最初からモビルアーマー(ハシュマル)戦までがこれでした。そこで三日月ともどもボロボロになり、後にバルバトスルプスレクスとして復活しました。


キットのお話に移ります。

安心ブランドの鉄血シリーズHGの例に漏れず、安い、美しい、よく動くと三拍子揃ったなかなかのキットです。

全体に曲線的ながら、機体各部は鋭角的な独特のスタイルをうまい具合に立体にしてあると思います。

HG ガンダムバルバトスルプス 1/144

HG ガンダムバルバトスルプス 1/144

パーツの色分けの良好さが特徴のひとつで、鉄華団のマーク入りの赤白の肩アーマーまでパーツ分割による色分けというのが素晴らしいです。

この部分は赤白別パーツなことにより立体感もあって、安価なHGシリーズとは思えないくらいです。

パーツ分割とホイルシールによってほぼ色分けは完全ですが、足の爪先のグレー、肩アーマーの細いラインの黄色は再現できていません。

また、元々の設定上の色がHGでのパーツ分割による色分け可能なレベルを超えているというところで、けっこう立体的なところへ貼るホイルシールが多く、ちょっと見栄えしないところもあります。

具体的にはサイドアーマーの青いところ、太もも裏側のパーツのグレー、ヒザの逆三角形のマークのメタリックグリーン、バックパックの一部のグレー、カカトの赤といった部位です。

私は今回はツインアイ部分以外はがんばって吹付け&筆塗り(&爪楊枝)で全塗装してみました。・・・が、赤を乗せるのはウンザリということで妥協してカカトだけは白いままにしちゃいました。こうして画像で見るとちょっと違和感ありますね。

シール色分けに無理がある立体的な部分は、塗装できない環境の人の場合、シール丸出し感になってしまうよりはそのままの色にしといた方が見栄えが良いと思いますよ。

部分塗装で補いたいという人にとっては、比較的塗り分けやすい部分が多いので楽だと思います。

HG ガンダムバルバトスルプス 1/144

付属品は武装のソードメイス、角度のついた両手のハンドパーツのみです。鉄血シリーズはキットの価格がかなり安くなっている分、付属品は欲しい人は別売りでどうぞというスタンスなようです。


MSオプションセット5

バルバトスルプスの場合は、追加で買うとすれば武器もそうですが、平手ハンドパーツが欲しくなるところですね。


キットとして総合的には、塗装も含めて楽しみたい人にとっては塗り分けがしやすく、塗装できない環境の人にとってもじゅうぶんな色分け、動かしてポージングを楽しみたい人にとっても満足のいく可動範囲と、特に欠点が見当たりません。

しいてあげれば前腕部に露出する合わせ目がやや目立つことと、付属品が少ないことくらいでしょうか。


Amazonリンク:
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトスルプス 1/144スケール 色分け済みプラモデル
ガンプラ HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ MSオプションセット5&鉄華団モビルワーカー 1/144スケール プラモデル

| ガンプラの写真 | 03:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/586-e6620ace

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT