ガンプラ・・・一生初心者でいいです~ガンプラとデジラマ作成

| PAGE-SELECT | NEXT

HG ゲイレール 1/144

HG ゲイレール 1/144
HG ゲイレール 1/144

ゲイレールは「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場するモビルスーツです。

ギャラルホルンの量産機グレイズの一世代前の主力量産機で、劇中では狡猾な傭兵ガラン・モッサの乗機として強い印象を残しました。


キットのお話に移ります。

鉄血HGのご多分に漏れず、安い、よく動く、立体的な造形と、よく出来たキットになっています。

武器以外はほとんど成型色活かしで組み立てましたが、その成型色がなかなか渋い緑色と紺色で、なかなか見栄えするものになっています。

パーツ分割による色分けだけでもじゅうぶん見栄えするものになっており、色分けシールもそれほど多くありません。

シールによる色分け部は、顔のクリアパーツの横の小さな赤い部分、背中の黄色い部分(ここはパーツで黄色く色分けされているので何故シールがついているのか?という感じ)、胸部のグレー、足のくるぶしのグレーとなっています。

背部ホバーユニットは紺とグレーが設定色のようですが、グレーのパーツ2パーツのみで出来ているので、再現するためにはパーツ内での塗り分けが必要です。

HG ゲイレール 1/144
HG ゲイレール 1/144

グレイズ以前の量産機という設定ですが、キット的にはフレーム部はグレイズのものと共用ランナーになっています。

肩の形状などが独特であまりそういう印象はありませんでしたが、こうして見てみると、けっこうグレイズ感のあるスタイルであることがわかります。

腰部や脚部などの装甲が最低限になっているので、フレームが露出する部分も多く、フレームのパーツにも塗装や、塗らない人でもスミ入れなどで気を使ってあげるとけっこう見栄えが違ってくると思います。

鉄血シリーズの機体はカメラアイ部分がバイザータイプになっているものは少ないのですが、このゲイレールはちょっと変形のバイザータイプということで、美しい赤のクリアパーツで再現されています。それが実にカッコいいです。

HG ゲイレール 1/144

付属武装は、劇中でも印象的だったシールドアックスとライフルです。

シールドアックスは、手斧状態とシールド状態をパーツの組み換えで切り替えることができるようになっています。シールド状態は腕にマウントでき、手斧状態はもちろん手持ちできます。

独特の形状のライフルはけっこう凝ったつくりで、満足感の高い造形です。フォアグリップも動きます。何気に鉄血HGシリーズって、銃器が手抜きは言い過ぎにしても、簡素な造りすぎるものが多い中、このライフルは良いです。

ちなみに、ゲイレール用の追加武装はMSオプションセット6にあるマルチウエポンパックというものが対応のようです。


MSセットオプションセット6

ガラン・モッサと鉄華団地球支部に関するストーリーは鉄血2期において非常に印象的な部分ですが、ゲイレールはデザインが地味なところで人気が分かれるかもしれません。

Amazonなどで使われているキットの写真が、武器を持たずに立っている写真というところでちょっと損している気がします。ゲイレールは武器を持たせてこそカッコいいと思うんです。


Amazonリンク:
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ゲイレール 1/144スケール 色分け済みプラモデル

| ガンプラの写真 | 02:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gnplssns.blog.fc2.com/tb.php/587-7fb6dfa1

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT